学ぶ

可愛い神秘の「マリモちゃん」!

編集部
Written by 編集部

可愛い神秘の「マリモちゃん」!

 緑色したボール状の物体「マリモ」。いまや全国的に知られるようになった阿寒湖の代名詞ですが、国の特別天然記念物に指定されています。そう、大変貴重で絶滅の危機に瀕するものなのです。さらには「絶滅危惧Ⅰ類」という分類に入っています(1897年当時の札幌農学校農学博士が植物調査で偶然発見・1921年天然記念物・1952年特別天然記念物指定・この日3/29はマリモの日)。

阿寒湖のまりもだけとっちゃだめ!

 マリモはとっても可愛く、美しく、神秘です。思わずもって帰りたくなっちゃいますね。でも今述べたように特別天然記念物ゆえに持って帰れないのです。では手に入れれないのかというとそうではないようです。指定されているのは「阿寒湖の」マリモなので、それ以外であれば持っていけます。

 たとえば、シラルトロ湖、達古武沼、塘路湖といった湖沼には阿寒湖のものと同種のマリモがいます。またカラフトマリモという種類のものはチミケップ湖にもいます。しかし綺麗な球状マリモには生育しません。(予断ですが、猿払村や浜頓別町にはタテヤママリモが生育していますがマリモとは別物です)。

 では道東のお土産やさんで売っているマリモは?阿寒湖がだめというのなら、阿寒湖以外の湖沼からとってきた同種の藻でできた人造マリモ(小さく断裁して藻をぐるぐるっと巻きつけたもの)が主ということになります。

 2003年まではシラルトロ湖産の養殖まりもが主流で、それ以降現在にいたるまで禁漁となっています。現在は輸入物などもあり、阿寒湖周辺の天然まりもを土産物として販売することはほぼなくなっています。土産物のまりもは年間30万個売れているそうです。

 でも、阿寒湖のマリモを「見る」ことはできます。阿寒湖岸のビジターセンターや湖にあるチュウルイ島のマリモ展示観察センターだけですが、本物の阿寒湖のマリモをじっくりと観察することができます。

阿寒湖のマリモ生育のからくり!

可愛い神秘の「マリモちゃん」!

 阿寒湖のマリモは格別です。これほど丸い形状になるのは阿寒湖の独特の生育環境だからこそ育つわけです。まんまるマリモが完成するには糸状体と呼ばれる木の枝をちっちゃくしたような藻がまず育ち、それが川から流れ込む水流の流れや阿寒湖特有の湖の波によってお互い絡み合い、徐々に大きくなっていき、綺麗な球状となる必要があります。

 普通の湖沼では岩に付いていたり湖底を漂っているだけですが、阿寒湖は水の動きがあるためにあのマリモが完成します。そのほかにも水位や波の力加減、湖底の石の環境など複雑な諸条件があるようです。

 ちなみにこの藻の種類はシオグサ属の緑藻類という植物の一種で、まるまったマリモになると大きいもので直径25cmにもなります。十分大きい球状マリモに生育するのに気の長い話で百数十年とされています。

 阿寒湖では現在、水質汚染や水力発電で水位が下がったなどの環境上の問題、密売も発生しており減少を続けていますが、北部のチュウルイ川やキネタンベ川の流れ込む湾(チュウルイ湾・キネタンペ湾)付近に球状マリモ、雄阿寒岳山麓の滝口付近の糸状マリモを、水深1~3mで確認できているようです。

 阿寒湖すべてで生育しているというわけではないようですが、2007年10月の釧路市教育委員会マリモ研究室の調査では、これまでの群生地9箇所に加えて、5箇所が新たに判明し、阿寒湖全体で14箇所にのぼるそうです。


※補足:阿寒湖のマリモのような大きさの球状マリモが生育していると確認されている世界の湖沼は阿寒湖、アイスランドのミーヴァトン湖、エストニアのオイツ湖だけです。

可愛い神秘の「マリモちゃん」!

マリモグッズたち!名物のマリモ羊羹!

※まりもっこりというキャラクターが大人気です。詳しくはこちらのページをご覧ください。

北海道名物まりも羊羹:マリモの形に似せて作られた絶大なる支持を受ける銘菓「まりも羊羹」。形はほんと、そんまま丸なのですが、外側をゴムで包んであります。とり方は簡単で爪楊枝で破ってあげると中身が出てきます。道産子は一度は食べたことがあるであろう北海道名物ですので、ぜひお試しを!(ちなみにまりもの味はしません……)

筆者について

編集部

編集部

北海道ファンマガジン編集部。編集部スタッフが取材執筆した記事や、名前を出さないライターの記事、寄稿記事の掲載の際にもこのアカウントが使われます。