">
">タンチョウ、道東のツル – 北海道ファンマガジン [ファンマガ]
学ぶ

タンチョウ、道東のツル


 長く日本国紙幣旧1000円札に描かれてきたタンチョウ。そのせいもあってタンチョウは国民にも親しまれてきました。北海道ではシンボル的存在で、北海道を代表する鳥類であり、1964年9月1日以降、道民の投票により北海道の道鳥にもなっています。今回は、北海道に生息する美しいタンチョウについてです。

動画(ムービー)

タンチョウとは?

 タンチョウの基礎知識です。丹頂鶴といわれるように、鶴の仲間です。分類ではツル目ツル科。丹頂鶴とは頭のてっぺんが赤いツルということですが、それはまさにタンチョウのイメージ。日本でツルといえばタンチョウを思い浮かべる方が多いでしょう。

 外見は、純白のボディーに、首や羽の一部(後ろ側)が黒色です。歩いている(羽を閉じた)状態で見ると、尾っぽが黒いように見えますが、羽を開いて飛んでいる姿を見ると分かるのですが、実際は伸ばした羽の後部、風切羽の一部が黒いのです。頭のてっぺんが赤いのは、皮膚が露出しているためで、興奮すると大きくなります。この小さな赤いアクセントがあるのとないのとでは、イメージも変わってきますね。

 実は国内最大の鳥類として知られ、体長は約90~150cmという大柄な鳥。オスがメスより多少大きく、羽を広げた長さは2.5mほどにもなります。その飛ぶ姿は、大変優雅で美しいものです。鳴き声が大きく1km先でも聞こえるんだとか。

 えさは虫類、小魚がメインで、ザリガニも食べるとか。小麦、とうもろこしなど穀物も、意外と何でも食べます。冬の大雪原では、群れをなして人里近くにやってくるため、冬のタンチョウのイメージが強いです。しかし、春になると、つがいになり、湿原地帯を営巣地として繁殖します。

タンチョウ、道東のツル  巣は地面に、ヨシやハンノキの小枝などを用いて作ります。直径は1.5mほど。2つ卵を産むのが普通で、1ヵ月後に孵化、オスもメスも抱卵と子育てに携わります。ヒナは全身茶色で、ふわふわの毛で覆われていて、これもかわいいのです。年末になるとまた群れをなして行動します。寿命は30年弱で、つがいになったタンチョウは一生をともにします。

※アイヌの人たちは、タンチョウのことを、「サルルンカムイ」、つまり湿原の神と呼んできました。

タンチョウのいるところ!

 タンチョウといえば釧路湿原です。タンチョウ=釧路湿原というイメージが広く浸透していますが、タンチョウの営巣地は、今述べた釧路湿原のほか、霧多布湿原なども含めた釧路管内、さらに風蓮湖などを中心とした根室管内に集中します。最近では遠くはなれた道北のサロベツ原野などでも観察され、話題となりました。

 タンチョウは、国内のツルの仲間ではほぼ唯一、国内で繁殖する鳥です。渡り鳥ではありません。一年中北海道にいます。専門用語では「留鳥」と呼びます。ただし、ロシア極東や中国北部にいるタンチョウは、朝鮮半島へ渡りをするようです。日本では、北海道だけに生息し、渡りをしないので、道外で見ることはできないということです。

タンチョウ、道東のツル

危機的状況回避のタンチョウ

 しかし、北海道のタンチョウも一時は危機的状況に陥りました。江戸時代には北海道全域(及び渡りで東北地方も)に生息していたとされていましたが、明治時代の開拓時期に減少を続け、絶滅か?と思われたこともありました。理由は(1)乱獲、(2)湿原地帯の水田等への転用、この2つが主原因としてあげられています。

 絶滅したと思われていたタンチョウが再び姿を見せたのは大正時代のこと。1924年に釧路湿原の鶴居村(つるいむら)で10羽以上のタンチョウを発見し、保護への動きは加速しました。1935年8月27日 天然記念物指定、1952年3月29日 特別天然記念物指定

 実際に数が増加していったきっかけは、旧阿寒町のある農家が始めた、とうもろこし給餌活動。1950年の冬に成功しました。これが次第に各地に広まり、冬季に餓死することがなくなったタンチョウは増え始めました。

 今では、冬季には人里付近、特に給餌場のある付近に集結する"習わし"になっています。これが越冬のようなものになっています。逆に人馴れしすぎて、農作物を食べたり、牛舎に入り込んだりすることも実際に起きているようです。

 各つがいのなわばりは広範囲です。各つがいごとに数百ヘクタール必要とされています。それゆえに広大な湿原地帯が残されて続けていく必要があります。タンチョウ保護に特に積極的なのは鶴居村で、村ぐるみで行っています。村鳥にも指定されています。鶴見台や伊藤タンチョウサンクチュアリといった給餌施設は、観光客にも人気です。他にも釧路市丹頂鶴自然公園は、国内初のタンチョウ自然公園で、自然孵化人工孵化を成功させ保護に努めてきました。

※2006年1月の生息数調査結果の発表で、調査開始後初めて1000羽を超えました。

筆者について

編集部

編集部

北海道ファンマガジン編集部。編集部スタッフが取材執筆した記事や、名前を出さないライターの記事、寄稿記事の掲載の際にもこのアカウントが使われます。