学ぶ

十勝石ってなぁに?

十勝石ってなぁに?  「十勝石」。たぶん十勝地方の方ならわかるかもしれませんが、道内の人でも 知っている人は少ないものです。読み方は「とかちいし」、その名のとおり「石」です。

 私は親戚が十勝にいるため、小さい頃 にこの"石"を道端で見つけ、たいへん興味を持ったことがあります。何がそんなに すごいのかというと、石器のように黒く光っている魅力的な石だからなのです。

十勝石っていったい何者?

 実は正式名称は「黒曜石(こくようせき)」で、主な産地は北海道のほか、佐賀や 大分、長崎、熊本などの九州地区、長野、伊豆などにもありますが、日本一の 原産地はなんといっても北海道。その北海道内でも産地があり、白滝村、上士幌町 の十勝三股をはじめとする十勝北部、置戸町、赤井川村が黒曜石の四大産地と いわれています。しかしそのどこでとれたとしても、名称は「十勝石」と呼ばれており、 北海道では「黒曜石=(イコール)十勝石」です。

どうしてこんな石ができた?

 十勝石はどうしてできたのかというと、北海道中央の大雪山東の激しい火山活動 によって生まれたものです。前述の白滝村、置戸町、十勝北部はすべて大雪山系 連峰の東側に位置します。その火山活動で、ケイ酸分の多いマグマが急激に冷え 固まったもので、結晶も無い黒いガラス状の石なのです。

 だから黒くピカピカ光り輝く石器のようなものです。中には赤っぽい色を含んでいたり するものもありますし、稀少ものとしては光に当てるとカラフルになるもので玲瓏 [れいろう]と呼ばれているものまであります。

 天然のガラスですから、割ると貝殻状に割れ、旧石器時代から石器となってきま した。それも北海道の遺跡から採取されるものは大型でした。現在川原・山などで 拾うこともできますが、昔ほど多くないため、買ってもいいでしょう。道の駅しほろで 300円か500円で買えます。

筆者について

編集部

編集部

北海道ファンマガジン編集部。編集部スタッフが取材執筆した記事や、名前を出さないライターの記事、寄稿記事の掲載の際にもこのアカウントが使われます。