トピックス

札幌市中央区に屋上観覧車誕生!

 以前からうわさがあった、札幌市中心部の観覧車の話。建設も順調に進んでいるようで、2005年度中に完成するようです。(以下各種情報のまとめ、下部には追記情報もあり。)

 札幌市中央区に2006年5月に開業予定の複合商業施設の屋上にできる観覧車です。そこは延べ床面積22000m2で、地上7階地下1階で、物販・飲食店・アミューズメント施設などが入る予定だそうで、その屋上ってことなので、8階以上に観覧車がたたずむことになります。(=北海道新聞)

 詳細は不明なのでまだなんともいえませんが、新たな情報が入り次第以下に追加していきます。現時点では大きさがわかっています。 (詳細プレスリリースはゼファーサイトを)

 直径:45.5m
 ゴンドラ数:32(4人乗り)
 地上からの高さ:78m
 回転方角:東西
 料金:1人600円

 つまり、階に直すと、7階までがお店が入る施設で、8階から20階程度までが観覧車ということになります。住所は「南3西5」なので、ススキノや狸小路が近い場所になります。札幌市内の観覧車としては、市内最大級の大きさを誇る手稲区のテイネオリンピアの観覧車と同程度の直径になりそうです。

 商業施設の屋上にたつ観覧車は道内でははじめて。地上からの高さで言うと、岩見沢市の北海道グリーンランドの道内最大の大観覧車85mに次ぐ高さくらいになるでしょうか。いずれにしても2006年春、札幌市内に新たな観光名所&デートスポットが誕生し、話題となるのは確かなようです。じゃらん北海道が提唱していた札幌市三大夜景スポット(藻岩山・JRタワー・札幌プリンスホテルタワー)に及ばないとしても、夜景も少しは楽しめるのかもしれません(ま、完成してみないとわかりませんが)。

 ●2006年2月5日追記: 都市型オアシスと自称する観覧車&商業施設の名称は「NORBESA」。読み方は「ノルベサ」で、乗るべさ~にひっかけていると思われる名称になっています。もうすでにほぼ完成しており、2006年さっぽろ雪まつり開催中は観覧車のイルミネーションを特別疲労することになっています。
→ ノルベサ公式サイトはこちら

 ●2006年5月2日追記: 名称の決まった複合商業施設「ノルベサ」。観覧車つきでインパクトの強い施設が、5月3日にオープンします。観覧車の愛称は「ノリア」。観覧車の料金も決まって、1回1人600円かかります。また、観覧車のゴンドラ32基のうち、7番の番号のゴンドラだけ黄色のカラーだそうです。営業時間は11:00~23:00まで。

筆者について

編集部

編集部

北海道ファンマガジン編集部。編集部スタッフが取材執筆した記事や、名前を出さないライターの記事、寄稿記事の掲載の際にもこのアカウントが使われます。