トピックス

スカイマーク参入、AirDoピンチ? まとめ

 札幌(新千歳)~羽田間を格安で運航している道産子企業エア・ドゥが大ピンチの予感です。新しくもっと格安で運航する"つわもの"会社が現れました。

 その名は「スカイマーク・エアラインズ」。東京の会社で1996年設立という新しい会社なんだけれども、新たに2006年4月をめどに新千歳~羽田、いわゆる「ドル箱路線」と言われる、世界一旅客数が多い路線(年間900万人)に参入すると発表しました。この路線にはすでに、8年前から札幌のAirDo(現在:北海道国際航空/ANA共同運航)が展開しており、これまでこの路線で最も安い運賃で運航してきました。

 以下は、スカイマークが新規参入したことに伴う、既存各社の競争です。運賃がありえないほどに値下がりしてきています。大手2社つまりANAとJALはともに同じような運賃です。AirDoがそれに続き、スカイマークが最安運賃を設定しています。


新千歳~羽田路線の運賃など
日本航空(JAL)21往復通常片道29800円
4月いっぱいは事前購入割引「スーパー特便割引28」だと10400円~に
4月以降運賃値下げ、6月にもさらに値下げ予定
全日空(ANA)15往復通常片道29800円
4月いっぱいは事前購入割引「旅割」だと10400円~に
4月以降運賃値下げ、6月にもさらに値下げ予定
AirDo8往復通常片道23400円
4/28から6/2まで対抗して道民運賃19400円を15500円に、後にさらに値下げし9500円に(過去最安)、6/3~15500円に、7/14~22400円、8月中旬の一週間には24400円にアップする
事前購入割引「AirDoスペシャル(45日前予約)」だと9000円に
スカイマーク10往復通常片道16000円
4/28就航時から6/2まで就航記念バーゲンでなんと10000円
※スカイマークの1万円はANA,JALより3分の1(65%)安い。
7/14~24000円に値上げ、7/28~8/21は26000円とする。


 それにしてもスカイマークの2万円を切る運賃、安いし~魅力ぅ~。バーゲンだと往復で2万円です。それに便数も10往復ということで、大手2社やAirDoはどうしても劣勢に立たされてしまいます。ちょっと工夫が必要でしょうね。AirDoは民事再生申請したしつらいけれども。

 追記20051103:スカイマークが料金を発表しました。16000円です。しかもバーゲンでは5000円になるというから驚き。しかもAirDoも、21日前購入だと12500円になる料金を発表しています。さらにさらに、JAL、ANAはともに、燃料費高等もあって、運賃値上げを検討中だとか。(=朝日新聞)

 追記20060301:AirDoがスカイマークに対抗し格安料金を新設。「道民割引」により、専用カードを持っている道民なら片道9500円という破格。羽田~新千歳間の4月28日~6月2日までの期間限定ですが、スカイマーク参入によって価格競争が激化しつつあります。

 追記20060428:スカイマーク社が本日就航しました。羽田~新千歳間は、全日空(ANA)、日本航空(JAL)、北海道国際航空(AirDo)、スカイマーク(SKY)の4社がひしめく路線となり、競争激化が予想されます。しかし、スカイマークの第1便の搭乗率は半分、GWの予約率も低迷して、予約がガラガラだとか。明らかに3月にあったスカイマーク自身の不祥事やトラブルが原因でしょう。一方、AirDoは満席で、GWの予約も好調です。すごい明暗です。この競争で安全性は落とさないでいただきたいものです。

 追記20060501:7月と8月にはスカイマークとAirDoはともに運賃値上げに踏み切るようです。それも大幅に。夏季のピーク時にはスカイマークが26000円、AirDoが24400円とすることを発表しています。今後も運賃の競争が続きそうです。

筆者について

編集部

編集部

北海道ファンマガジン編集部。編集部スタッフが取材執筆した記事や、名前を出さないライターの記事、寄稿記事の掲載の際にもこのアカウントが使われます。