トピックス

トリノ五輪~道産子出場選手!

 今年2006年は冬季オリンピックです。イタリアのトリノで開催されますので、「トリノ五輪」、「トリノオリンピック」と呼ばれていますね。開催日を忘れがちですが、開催期間は2月10日~2月26日の17日間行われますので、覚えておきましょう。

 さて、冬季五輪といえば、道産子選手つまり北海道出身選手の活躍が期待されますね。トリノ五輪代表選手が正式に発表されています。それによると、選手数は113名で、うち40名が道内出身選手。それ以外に北海道にゆかりのある選手も含めると56名、つまり半数になるそうです(朝日新聞)。

 選手団主将はご存知道産子スピードスケート選手の岡崎朋美選手。あと有名な選手で言うと同じく道産子スピードスケート選手の清水宏保選手。カーリング、スピードスケート、ジャンプはぜひとも注目です。もちろん他の競技もですが、特にという意味で。以下道産子選手40名にのうちわけです。名前は比較的有名な選手だけ掲載しました。

▼スキー
(日本代表選手合計50名)
●アルペンスキー男子
 3名が道産子選手。札幌市、ニセコ町、北斗市出身。
●距離女子
 2名が道産子選手。網走市、美幌町出身。
●ジャンプ
 5名が道産子選手。原田雅彦選手は上川町出身で5回目の出場、同じく5回目の出場の葛西紀明選手は札幌市出身。ともに冬季五輪日本代表史上最多出場。他3名はジャンプに力を入れる下川町出身です。うち1名は日本代表ジャンプでは史上最年少出場16歳だとか。
●フリースタイルモーグル男子
 1名が道産子選手。附田雄剛選手は石狩市出身です。
●フリースタイルモーグル女子
 1名が道産子選手。なにかとお騒がせした里谷多英選手は札幌市出身です。
●スノーボードハーフパイプ男子
 3名が道産子選手。札幌市、石狩市、倶知安町出身。
●スノーボードアルペン女子
 1名が道産子選手。旭川市出身。

▼スケート
(日本代表選手合計36名)
●スピードスケート男子(代表10名)
 4名が道産子選手。清水宏保選手は帯広市出身。その他池田町、大樹町出身。
●スピードスケート女子(代表10名)
 8名が道産子選手というすごい道産子割合。岡崎朋美選手は清里町出身、大菅小百合選手は標津町出身。その他稚内市、帯広市、上士幌町、更別村、むかわ町出身。

▼バイアスロン
(日本代表選手合計10名)
●男子(代表5名)
 1名が道産子選手。倶知安町出身。
●女子(代表5名)
 1名が道産子選手。留萌市出身。

▼ボブスレー/リュージュ/etc
(日本代表選手合計12名)
●ボブスレー男子(代表2名)
 1名が道産子選手。むかわ町出身。
●ボブスレー女子(代表2名)
 1名が道産子選手。帯広市出身。
●スケルトン男子(代表2名)
 1名が道産子選手。札幌市出身。
●リュージュ男子(代表4名)
 2名が道産子選手。札幌市出身。

▼カーリング
(日本代表選手合計5名)
●カーリング女子(代表5名)
 5名は全て道産子(北見市常呂出身3名・南富良野町出身2名)。ですが青森県チーム。出場決定前から注目されていました。しかも今年2月公開の北海道がロケ地のカーリング映画「シムソンズ」も相乗効果を狙う!?

→ トリノ五輪競技開催スケジュール(JOC)
→ 日本代表全出場選手リスト(朝日新聞)

筆者について

編集部

編集部

北海道ファンマガジン編集部。編集部スタッフが取材執筆した記事や、名前を出さないライターの記事、寄稿記事の掲載の際にもこのアカウントが使われます。