トピックス

国内初の「ベア・マウンテン」開園!

 2006年ゴールデンウィークを控え、4月29日に新たな名所が誕生しました。その名は「ベア・マウンテン」。名前から、クマがいることがわかります。ここは国内初、ヒグマ放し飼い施設となっています。十勝管内新得町サホロリゾートにオープンしました。

 運営するのは、登別市ののぼりべつクマ牧場をも手がけた札幌市の加森観光。面積は15ヘクタールで、周囲に二重のフェンスがある広大な森林地帯にオスばかり12頭生息しています(のぼりべつクマ牧場からやってきたヒグマたちで、今後20頭まで増加予定)。なぜオスばかりかというと、メスを飼育すると園外の野生のクマを呼び寄せてしまう可能性があり危険なため。しかし、園内は北海道の大自然に生きるヒグマ、ほぼそのままの姿です。

 このパークのモデルとなったのはスウェーデン中部のオッシャ市「オッシャ・ベアパーク」ということだそうです。9ヘクタールの敷地に20年以上も前に開園しました。そこではヨーロッパヒグマを飼育しており、これまで問題はおきていないということで、安全性も実証済みです。

 ヒグマが放し飼いで、遊歩道にも工夫がなされています。たとえば、敷地内を横断する高さ5メートルの遊歩道370m。ここからは眼下にヒグマを観察できます。さらに、園内ほぼ中央に位置する「ベアポイント」という施設では人工池もあって、強化ガラス越しに間近でヒグマの泳ぐ姿を見ることができます。1.2kmを運行するサファリバスさながらの巡回バス「ベアウォッチングバス」も用意されています。

 気になる入園料。入園料ではなく「入山料」という名前になっていますが、大人一般で1785円です。子供で1050円。さらにベアウォッチングバスに乗車する際にはそれらが含まれている金額2835円となります。営業期間は4月29日~10月22日まで夏季営業。8:00~17:00です。

 おもしろい施設が誕生したものです。気になる方はぜひ行ってみましょう。ちょっと料金が高いけど。マップや情報については以下の公式サイトをご覧ください。ドメインが2つありますが、どちらも同じ内容です。

→ ベア・マウンテンオフィシャルサイト1
→ ベア・マウンテンオフィシャルサイト2
→ スウェーデン・オッシャ市のベアパークOrsaGronklitt

筆者について

編集部

編集部

北海道ファンマガジン編集部。編集部スタッフが取材執筆した記事や、名前を出さないライターの記事、寄稿記事の掲載の際にもこのアカウントが使われます。