2010年6月26日・27日の週末は、道内">
 2010年6月26日・27日の週末は、道内">6月では異例の猛暑日を道内各地で記録! – 北海道ファンマガジン [ファンマガ]
トピックス

6月では異例の猛暑日を道内各地で記録!


 2010年6月26日・27日の週末は、道内全域で暑い日が続きました。あるところでは最高気温37度を超える猛暑日、そこまでいかなくても猛暑日を記録、あるいは、あるところでは史上6回目の真夏日を記録した地もあり、各地で6月としては史上最高気温を更新しました。(写真はイメージ)

 各地で最高気温記録を更新した週末でした。実は今季になって猛暑日、つまり35度以上を記録したのは、北海道が全国で初めてでした。まだ6月というのに猛暑日を記録したという驚きの記録ですが、道内全体としても6月の猛暑日記録は1980年6月7日に足寄町が35.4度を記録して以来30年ぶり、猛暑日自体も2007年に記録して以来3年ぶりというから、6月としてはめったにない暑さだったことになります。

 中でも最高気温は、足寄町で記録された37.1度で、猛暑日となりました。道内でも暑くなる地といわれる北見市では、1994年8月7日に記録した過去最高気温の37度とタイ記録に。上士幌町でも36.6度を記録しました。帯広市でも36度を記録し、6月で史上初めて猛暑日になり、30年ぶりの記録更新になりました。

 一方、ふつうは夏でも比較的涼しいとされる太平洋側道東でも軒並み気温が上昇しました。根室市では32.1度を記録し、6月としては史上初の真夏日を記録。中標津34.6度、川湯34.4度、阿寒湖34.2度と、釧路根室地方でも急上昇しました。釧路市では32.4度で、観測史上6回目の真夏日を記録しています。

■2010年6月26日の全国最高気温観測ランキング
1位 足寄町 37.1度 最高記録更新(最高は1999年8月9日の36度)
2位 北見市 37.0度 最高記録タイ(最高は1994年8月7日の37度)
3位 上士幌町 36.6度 最高記録更新(最高は2007年8月14日の34.2度)
4位 置戸町境野 36.5度 6月最高記録
5位 浦幌町 36.1度 最高記録更新(最高は1994年8月7日の35.8度)
6位 帯広市 36.0度 6月最高記録
6位 北見市留辺蘂 36.0度 最高記録更新(最高は1986年7月30日の35.2度)
8位 池田町 35.7度 6月最高記録
9位 本別町 35.6度 6月最高記録
9位 津別町 35.6度 6月最高記録

 このように気象庁による6月26日の全国最高気温観測ランキングでは、トップ10すべてが北海道、そのすべてがオホーツク地方と十勝地方に集中するという状態になっていました。温暖化の影響がじわじわと北海道にももたらされてきました。

筆者について

編集部

編集部

北海道ファンマガジン編集部。編集部スタッフが取材執筆した記事や、名前を出さないライターの記事、寄稿記事の掲載の際にもこのアカウントが使われます。