2010年10月1">
 2010年10月1">しづか号機関車などを鉄道記念物に指定 – 北海道ファンマガジン
トピックス

しづか号機関車などを鉄道記念物に指定

編集部
Written by 編集部

 2010年10月14日の鉄道の日、北海道の鉄道遺産が大幅に追加指定されました。鉄道記念物に新規3点、準鉄道記念物に新規10点が指定されました。JR北海度がプレスリリースで発表しました。(写真は名寄市雪国博物館キマロキ編成)

 鉄道遺産は、鉄道記念物と準鉄道記念物に分けられます。鉄道記念物は1958年以降全国の歴史的に貴重な鉄道関連のものが指定されてきましたが、道内では1960年に小樽市総合博物館にある旧手宮機関庫が指定されて以来、新規指定がありませんでした。

 一方、準鉄道記念物では、同じく小樽市総合博物館にある7件、函館市の旧函館駅所在地の合計8件が指定されていました。

 長らくこの件数に変更はありませんでしたが、2010年、鉄道記念物は1件から4件に、準鉄道記念物は8件から14件と大幅増になりました。では、どんなものが指定されたのか、リストアップしてみましょう。

従来の鉄道記念物(道内分)
旧手宮機関庫(小樽市)
従来の準鉄道記念物(道内分)
しづか号機関車、い1号客車、大勝号機関車、キ601号回転雪かき車、キ800号かき寄せかき車、北海道鉄道開通基点標、キハ03 1号気動車(以上小樽市)、旧函館駅所在地(函館市)

 ↓ ↓ ↓

鉄道記念物(2010年更新・道内分4件)
旧手宮機関庫、しづか号機関車、い1号客車、大勝号機関車(以上小樽市)
準鉄道記念物(2010年更新・道内分14件)
キ601号回転雪かき車、キ800号かき寄せかき車、北海道鉄道開通基点標、キハ03 1号気動車、キハ82 1号気動車、ED75 501号電気機関車、小樽駅本屋(以上小樽市)、クラウス15号機関車(沼田町)、排雪列車「キマロキ」編成(名寄市)、旧国鉄士幌線コンクリートアーチ橋梁群(上士幌町)、旧室蘭駅舎(室蘭市)、北海道鉄道技術館、C62 3号機関車(以上札幌市)、岩見沢レールセンター(岩見沢市)

名寄市雪国博物館のSL排雪列車キマロキ編成(名寄市)
しづか号機関車などを鉄道記念物に指定
旧国鉄士幌線コンクリートアーチ橋梁群のタウシュベツ川橋梁(上士幌町)
しづか号機関車などを鉄道記念物に指定
小樽駅舎(小樽市)
しづか号機関車などを鉄道記念物に指定

 特筆すべきは、幌内鉄道に56番目に輸入された蒸気機関車「しづか号機関車」、北海道産一等客車第一号の「い1号客車」、北海道炭鉱鉄道手宮工場で製造された現存最古の国産機関車「大勝号機関車」といった北海道最初の鉄道になじみ深い遺産がそれぞれ鉄道記念物へ昇格したことです。

 準鉄道記念物では、道内で最初の特急型気動車として使われた形式第1号車である「キハ82 1号気動車」、道内最初の電気機関車「ED75 501号電気機関車」、全国唯一のSL排雪列車編成「排雪列車キマロキ」、北海道遺産にも選定されている糠平湖周辺の「旧国鉄士幌線コンクリートアーチ橋梁群」、国指定登録有形文化財の旧室蘭駅舎や小樽駅舎があります。

 リストから分かることは、鉄道記念物に指定された新規3件はいずれも準鉄道記念物からの昇格ということで、いずれも小樽市総合博物館所蔵になります。そして、これまで小樽市ばかりだったのですが、道内各地の重要な遺産が指定されたことも大きなポイントです。国内最北の鉄道記念物・準鉄道記念物は名寄市になりました。

 ところで、函館市の旧函館駅所在地はリストから消えているのはなぜ?という疑問が……。JR北海道のプレスリリースによると、本来の所在地と異なる地に碑石を設置しなければいけないことを理由に指定が解除された模様です。函館市の鉄道記念物はゼロになりました。

旧函館駅所在地の碑(函館市)
しづか号機関車などを鉄道記念物に指定

 さらにプレスリリースでは、今後毎年1回鉄道記念物・準鉄道記念物を選定していくことを発表しました。今後も増えていく可能性が十分あるということになります。

AirBookmark

筆者について

編集部

編集部

北海道ファンマガジン編集部。編集部スタッフが取材執筆した記事や、名前を出さないライターの記事、寄稿記事の掲載の際にもこのアカウントが使われます。