トピックス

ミシュランガイド北海道版が2012年4月に誕生へ

編集部
Written by 編集部
 日本ミシュランタイヤ株式会社(東京都)は2011年12月13日、ミシュランガイドの北海道版「ミシュランガイド北海道 2012 特別版」を2012年4月20日(金)に発刊すると発表した。

 ミシュランガイドは1900年8月にフランスで誕生した。ドライバーが安全・快適に旅をするための情報提供を目的に生まれたガイドブックである。毎年全世界の90カ国以上の国々で約1000万部の地図・旅行ガイド・レストランやホテルガイドを発行しており、「ミシュランガイド」については昨年、世界で100万部以上販売された人気のガイドブックである。

 日本版では、2007年に「ミシュランガイド東京 2008」として発売、2009年に「ミシュランガイド京都・大阪 2010」として発売されて以来毎年発行されているが、北海道版はそれに続く第3段で、道内版は初となる。

ミシュランガイド北海道版が2012年4月に誕生へ
「ミシュランガイド北海道 2012 特別版」の表紙 (C)MICHELIN2011
 今回新たに発行される北海道版ミシュランガイドの正式名は「ミシュランガイド北海道 2012 特別版」で、特別版としての発行になる。北海道全域の厳選されたレストランと宿泊施設が掲載される。2010年秋から、ミシュランの社員で、プロフェッショナルな知識をもつ調査員が、対象地域の約800店のレストランと宿泊施設を匿名で訪れ、一般の顧客と同じ立場で料理とサービスを体験し、評価を行ってきたという。

 日本ミシュランタイヤ株式会社 代表取締役社長のベルナール・デルマス氏は、2011年9月30日に北海道版を刊行すると発表した際、「日本で発行5年目という節目を迎え、新たな土地で日本の魅力を探索することにいたしました。今回新しい土地として選んだのは、116万ヘクタールという広大な農地を有し、豊かな海に囲まれた食材の宝庫「北海道」です」と述べている。

 ミシュランガイドの特徴の一つである星の評価は3段階。3つ星は「そのために旅行する価値がある卓越した料理」、2つ星は「遠回りしてでも訪れる価値がある素晴らしい料理」、1つ星は「そのカテゴリーで特に美味しい料理」としている。素材の質、調理技術の高さと味付けの完成度、独創性、コストパフォーマンス、そして常に安定した料理全体の一貫性、の5つを基に評価する。

 日本語版の発売は、2012年4月20日(金)、定価は税込2310円。ベルナール・デルマス氏は「広大な大地をドライブしながら美味しい"食"を見つける旅に出かけて素敵な時間を過ごしていただければ嬉しいです」と語る。

筆者について

編集部

編集部

北海道ファンマガジン編集部。編集部スタッフが取材執筆した記事や、名前を出さないライターの記事、寄稿記事の掲載の際にもこのアカウントが使われます。