12月になり、今年一年道内に起きた出来事を振">
 12月になり、今年一年道内に起きた出来事を振">北海道では今年一年どんなことがあった?2011年を振り返る – 北海道ファンマガジン
トピックス

北海道では今年一年どんなことがあった?2011年を振り返る


 12月になり、今年一年道内に起きた出来事を振り返る季節がやってまいりました。2011年1月から12月にかけて、道内に関係したニュースをいくつかピックアップしてみました。

 3月11日発生の東日本大震災。道内にも津波が押し寄せ、道東地区では4m以上の津波を観測した地点も。函館市では津波で男性が死亡しました。浸水建造物や漁船被害はそれぞれ700件以上にのぼりました。これに伴う原発事故に関連し、北電の泊原発では8月に「やらせ」メールが発覚するなど問題点も浮き彫りに。また、観光業界がダメージを受け、道内大手観光ホテルが休館するなど道内にも波及しました。

 自然災害としては、1月は道内の日本海側を中心に豪雪に悩まされました。連日連夜の大雪で交通網も混乱するという事態に。特に岩見沢市ではビニールハウスの被害が生じ、12月には記録的な集中豪雪となり、岩見沢市は雪で苦しんだ年となりました。

 岩見沢市といえば、2月14日には、岩見沢市の小中学9校・1495人が給食で集団食中毒になったという問題も発生しました。給食のブロッコリーサラダからサルモネラ菌が検出され、市内の該当する小中学校では閉鎖したり給食がストップしたりしました。


 交通の事故では、6月4日にはHAC機・函館発奥尻行が奥尻島で急降下し地上に急接近するニュースが報じられ、7月28日には十勝で航空大訓練機が墜落して3人死亡、5月27日、JR北海道では石勝線・占冠村の第1ニニウトンネルで釧路発札幌行の特急スーパーおおぞら14号が脱線し炎上という事故も発生しました。

 そのJR北海道は社長が失踪し、9月18日に海岸で遺体で発見されるという痛ましいニュースも。8月16日には滝上町で図書館勤務の女性が行方不明になっているとニュースが道内を駆け抜け、いまだ見つかっていない謎の事件になっています。


 少し明るいニュースにも注目してみましょう。スポーツでは北海道日本ハムファイターズで斎藤佑樹投手が初登板、初勝利を挙げました。サッカーJ2コンサドーレ札幌は昇格争いに絡み、12月3日、見事J2三位でJ1昇格を決めました。

 交通では、高速道路が続々開通。特に10月29日の道東道夕張IC~占冠IC間の開通により道東道で十勝と道央が直結しました。道南とは道央道落部IC~森IC間が開通し道南も近くなりました。3月12日には札幌駅から大通までの地下通路・札幌駅前通地下歩行空間が開通したのも大きな話題でした。

 北海道新幹線・新函館駅(仮称)~札幌駅間着工の話題も年末にかけて多くなりました。並行在来線問題、地元自治体の同意が得られるかなどが焦点になっており、札幌までの延伸が実現するか注目されています。

 新たなスタートとしては、北海道バスケットボールクラブ(前身レラカムイ北海道)の存続が決まり、8月8日にレガンバ北海道という新チーム名が発表されました。北海道日本ハムファイターズは監督が栗山氏に。豊浦町出身のWBCフライ級元王者の内藤大助選手が引退するニュースは衝撃的でした。

 その他のニュースとしては、札幌市民だけでなく道内各地で10月以降にヒグマがまさに出没注意状態に。札幌市では中心部にまで出没したことから緊急ヒグマ対策会議を開催するほどでした。ジャスコ・ポスフール全店がイオンに店名変更したのは3月のことでした。ネットニュースでは、長万部町のキャラクターまんべくんがtwitterで全国的に人気になるも8月中旬に失言し残念ながら中止されました。


 今年もいろんな出来事がありました。皆さんはどんなニュースが記憶に残っていますか?ちなみに北海道新聞社では、未曾有の大震災があった関係で毎年恒例の10大ニュースを決める読者投票を行わないと発表しています。読売新聞では北海道版で道内10大ニュースを決めるようです。

AirBookmark

筆者について

編集部

編集部

北海道ファンマガジン編集部。編集部スタッフが取材執筆した記事や、名前を出さないライターの記事、寄稿記事の掲載の際にもこのアカウントが使われます。