【札幌市】札幌のビジネス・商業の中心地">
【札幌市】札幌のビジネス・商業の中心地">北3条通が変わる! 赤れんが庁舎前を公園化、複合施設を着工へ – 北海道ファンマガジン [ファンマガ]
トピックス

北3条通が変わる! 赤れんが庁舎前を公園化、複合施設を着工へ

編集部
Written by 編集部

【札幌市】札幌のビジネス・商業の中心地「北2条西4丁目」と「北3条通」が変わる。オフィス・商業からなる複合施設「(仮称) 札幌三井JPビルディング」が着工となり、その前の北3条通も公園化。「(仮称) 北3条広場」として生まれ変わる。

北3条通が変わる! 赤れんが庁舎前を公園化、複合施設を着工へ 三井不動産株式会社と郵便局株式会社は2012年4月20日、札幌市中央区北2条西4丁目に、オフィス・商業からなる複合施設「(仮称)札幌三井JPビルディング」を4月23日に着工すると発表した。2014年8月に竣工、9月の商業施設オープンを目指す。

予定地は、北3条通と札幌駅前通の交差点角地。北海道庁旧本庁舎(赤れんが庁舎)の目と鼻の先、札幌駅から徒歩4分、大通駅から徒歩5分に位置する。札幌駅前通地下歩行空間を通って天候に左右されずダイレクトアクセスも可能になる。札幌のビジネスエリアの中でも主要企業が多数集積する地域に、商業施設を誘致し新たな賑わい空間を創るという。

北3条通が変わる! 赤れんが庁舎前を公園化、複合施設を着工へ ビルは地上20階・地下3階建、高さ約100m、敷地面積約5,500m2、延床面積約68,000m2。地下1階~4階の5フロアには商業施設(約8,500m2)として約30店舗(各店約2,500坪)が入り、6階~19階にオフィス(約25,200m2)が入る。駐車台数は約250台確保する。外装デザイナーには「モエレ沼公園ガラスのピラミッド」等の実績のあるアーキテクトシップの松岡拓公雄氏を起用、商業環境デザインには「三井アウトレットパーク札幌北広島」等の実績のあるスタジオタクシミズの清水卓氏を起用した。

気になるのは地下1階~4階までに入る商業施設。「東京ミッドタウン」など都心型商業施設のノウハウが活かされ、様々な生活シーンで大人が心地よく過ごせる空間を創出する。テナントは、オフィスワーカーや、札幌~大通間の回遊客など、多目的に利用できる物販店・飲食店などを誘致する。5階には、後述の「(仮称)北3条広場」や「赤れんが庁舎」を望む展望テラスが設置される予定だ。

(仮称)北3条広場へ

北3条通が変わる! 赤れんが庁舎前を公園化、複合施設を着工へ ビル建設に合わせ、日本生命札幌ビルとの間の北3条通 西4丁目区間、つまり、北海道庁旧本庁舎正面門から駅前通までの約100mの区間を公園化する。現在も銀杏並木の先に赤れんが庁舎を見通せる通りであるが、この区間に憩いと賑わいの空間「(仮称)北3条広場」が新たに整備される。通りに面した1階部分はオープンテラスも検討、地下と地上の往来に配慮したスムーズなアプローチも計画される。

赤れんが庁舎(北海道庁旧本庁舎)の前の通りが大きく雰囲気を変えることになる。2014年には札幌中心部に新たに憩いの場が誕生する。

AirBookmark

筆者について

編集部

編集部

北海道ファンマガジン編集部。編集部スタッフが取材執筆した記事や、名前を出さないライターの記事、寄稿記事の掲載の際にもこのアカウントが使われます。