トピックス

北海道は4年連続、札幌市は3年連続! 地域ブランド調査2012結果発表

北海道は4年連続、札幌市は3年連続! 地域ブランド調査2012結果発表

株式会社ブランド総合研究所(東京都)は2012年9月18日、最も魅力的な都道府県・市区町村を調査する「地域ブランド調査2012」の結果を発表した。それによると、市区町村では札幌市が、都道府県では北海道が最も魅力的な地域に選ばれた。

「地域ブランド調査」は2012年で7回目の実施となる。株式会社ブランド総合研究所が毎年、国内1000の市区町村及び47都道府県を対象に、認知度や魅力度、イメージなど全72項目からなる調査を行っている。今回は全国の消費者30375人から有効回答を得た。

その結果によると、全国で最も魅力的な市区町村は札幌市となった。2010年から3年連続・6度目の一位ということになる(2009年度は函館市が一位)。札幌市については、回答者の84.9%が魅力的と回答している。魅力度は昨年度の57.0に対し60.0に上昇した。魅力度、観光意欲度、食品購入意欲度で1位に輝いた。

道内では3位に前年度2位の函館市、6位に富良野市(前年度6位)と小樽市(前年度8位)となり、トップ10に4市がランクインしたことになる。その他では、釧路市が33位から22位に、登別市が44位から34位に、南富良野町が69位から50位に、室蘭市が106位から87位にそれぞれ大幅ランクアップとなった。特に南富良野町は「環境や観光・レジャーイメージが強く、観光意欲度も年々高まっている」としている。一方で、上位4市と釧路以下との差が大きい。

市区町村魅力度ランキングトップ100より道内分
1位 札幌市(60.0)(1位)
3位 函館市(52.8)(2位)
6位 富良野市(44.9)(6位)
6位 小樽市(44.9)(8位)
22位 釧路市(31.7)(33位)
26位 旭川市(30.4)(21位)
34位 登別市(28.5)(44位)
37位 帯広市(27.4)(32位)
50位 南富良野町(23.9)(69位)
60位 石狩市(22.8)(69位)
61位 ニセコ町(22.7)(58位)
61位 稚内市(22.7)(75位)
66位 美瑛町(22.4)(56位)
79位 千歳市(20.8)(65位)
81位 洞爺湖町(20.6)(51位)
87位 根室市(20.0)(83位)
87位 室蘭市(20.0)(106位)
97位 苫小牧市(18.8)(105位)

都道府県では、北海道が4年連続の1位になった。2009年からランキングを実施しているので、1位の座を明け渡したことはないということになる。北海道は札幌市同様、魅力度、観光意欲度、食品購入意欲度等で1位になったが、居住意欲度では3位、情報接触度は5位。ただ、前年度の魅力度が70.7だったが、今年は63.9にダウンしている。ちなみに1位の京都府は54.6ポイントだった。

筆者について

編集部

編集部

北海道ファンマガジン編集部。編集部スタッフが取材執筆した記事や、名前を出さないライターの記事、寄稿記事の掲載の際にもこのアカウントが使われます。