">

晴天の中、盛大に! 3年ぶり日本ハムファイターズ優勝パレード開催 – 北海道ファンマガジン
トピックス 道内ニュース

晴天の中、盛大に! 3年ぶり日本ハムファイターズ優勝パレード開催

【札幌市】北海道日本ハムファイターズがパ・リーグ優勝したことに伴って実施された「北海道日本ハムファイターズ優勝パレード」が2012年11月24日に札幌市中央区で開催された。3年ぶりの優勝で、3年ぶりの優勝パレードとなり、公式発表でパレードルート沿道には約10万人が訪れた。(Photo by Ryoma)

北海道日本ハムファイターズがパ・リーグを制覇したのは3年ぶり6度目。優勝記念パレード実施については、2004年に北海道時代となってからは、2006年11月18日(44年ぶり日本一、アジア王者)、2007年11月24日(球団史上初の連覇)、2009年11月22日(2年ぶり)に続いて3年ぶり4度目となった。

主催は北海道日本ハムファイターズ優勝パレード実行委員会。10:50から出発式が行われた。2009年実施時には大通西6丁目からすすきの交差点まで約1kmだったが、今回は札幌駅前通の北5条通南側からすすきの交差点手前までの1.3㎞コースで、駅前通の分離帯の片側を11:00から約1時間程度南進した。

先頭のオープンカーには栗山監督と鶴岡選手会長、田中賢キャプテンが乗車。続くオープンカーには稲葉、金子誠、武田勝各選手が乗車。その後ろを選手・コーチ・マスコットが乗車する二階建てオープンバスが走行した。沿道に10万人が駆け付け、総量700kg、15色の紙吹雪がビル屋上から撒かれた。


エゾリスの新キャラ誕生!球団初の女の子キャラ

なお、北海道日本ハムファイターズには、B・Bなどに加えて、2013年から新マスコットキャラクターが誕生する。名称は「ポリーポラリス」で、ニックネームは「ポリー」。北極星を意味するポラリスにかけて「いつでも世界を照らすような光輝く存在になりますように」という願いが込められている。エゾリスをモチーフにした女の子という設定で、B・Bから誘われて森の中からやってきたという。

選手が179市町村応援大使就任

北海道日本ハムファイターズが2013年に北海道移転後10年目の節目を迎えるに当たり、北海道各地域とのつながりを深めるべく「179市町村応援大使」を選手が務めることとなった。以後10年かけて、まちづくり、まちおこしに貢献していくという。2013年1月からは18市町村(北広島市、留萌市、ニセコ町、黒松内町、猿払村、鷹栖町、美深町、滝川市、芦別市、様似町、白老町、網走市、美幌町、函館市、上ノ国町、池田町、釧路市、弟子屈町)にそれぞれ2選手、36選手が応援大使を務める。これは抽選によって決まる。

筆者について

編集部

編集部

北海道ファンマガジン編集部。編集部スタッフが取材執筆した記事や、名前を出さないライターの記事、寄稿記事の掲載の際にもこのアカウントが使われます。