"> ">ようやく初雪!! 道内各地で記録を塗り替える遅い初雪を観測 – 北海道ファンマガジン [ファンマガ]
トピックス

ようやく初雪!! 道内各地で記録を塗り替える遅い初雪を観測

まだかまだか、と待ちくたびれた初雪が、2012年11月18日午前、道内各地で観測された。札幌市や旭川市では、過去100年では最も遅い初雪の日を迎え、道内気象記録では歴史的な日となった。

それまでは南風の影響で初雪が遅くなっていたが、道内上空に強い寒気が流れ込んだ影響で、18日は気温も0度に近く、初雪を各地で観測することとなった。中でも旭川市は、過去最も遅い初雪を観測した1927年の11月13日になっても雪が降らず、1888年の観測開始以来最も遅くなることが確定した。11月18日の旭川の初雪は、平年より26日遅れ、昨年より46日遅れとなった。

札幌市では、11月14日が1876年統計開始以来観測史上3番目に遅い初雪の日だったが、その日にも雪が降らず、最も遅かった1890年の11月20日に近づきつつあった。しかし、18日の初雪で1886年11月18日に観測した初雪と並び、観測史上2番目に遅い初雪となることが確定した。122年ぶりに記録を更新し、平年より21日遅れ、昨年より4日遅れの初雪であった。

その他の地域では、網走市でも統計開始以来最も遅い1933年11月18日の記録に並んだ。函館市では25年ぶりの遅さ、室蘭市でも37年ぶりの遅さとなった。道内の都市部で最も早かった観測地点は稚内市で10月19日に観測、11月15日には小樽市で1999年の機械観測開始以降最も遅かった2007年と並んだ。

2012年現在の遅い初雪の記録更新のまとめ
札幌市 1位 1890年11月20日
    2位 1886年11月18日・2012年11月18日(更新)
旭川市 1位 2012年11月18日(更新)
    2位 1927年11月13日
網走市 1位 1933年11月18日・2012年11月18日(更新)
小樽市 1位 2007年11月15日・2012年11月15日(更新)

道内各地で遅い初雪を観測した今シーズン。今冬はどのような冬になるのだろうか。大変気になるところではある。

札幌・旭川で観測史上初の、初雪が根雪へ

この時に降った雪が、根雪、つまり、雪解けまで解けることのない雪となったことが分かった。初雪が根雪になるのは、観測史上初のことだ。

筆者について

編集部

編集部

北海道ファンマガジン編集部。編集部スタッフが取材執筆した記事や、名前を出さないライターの記事、寄稿記事の掲載の際にもこのアカウントが使われます。