学ぶ

事件と医療のNo1

日本初:女医
荻野吟子氏は明治18年女医となり、檜山管内せたな町に荻野病院開設。

日本初:ピロリ菌専門外来
2009年3月1日に北海道大学病院に国内初のピロリ菌専門外来設置。

日本初:難病子供向け自然体験施設
滝川市丸加高原そらぷちキッズキャンプは2009年8月オープン。

世界初:人獣共通感染症研究施設
2007年10月完成の北大人獣共通感染症リサーチセンター実験研究棟はこれに類する研究施設として世界初。

世界初:ハイブリッド型移植材料開発
1995年北大病院スポーツ医学診療科が本人の半腱様筋腱を取り出してポリエステルを結合したハイブリッド型移植材料を世界で始めて開発。

日本一:医薬品販売業数
可住地面積100km2当たり16.3件で全国一少ない(2004年)。

日本一:薬局数
可住地面積100km2当たり9.1件で全国一少ない(2004年)。

日本一:一般診療所数
可住地面積100km2当たり15.2件で全国一少ない(2004年)。

日本一:歯科診療所数
可住地面積100km2当たり13.4件で全国一少ない(2004年)。

日本一:交通事故死者数
1991年~2004年まで13年連続でワースト1であったが2005年以降返上している(2007年)。ワースト1じゃなかったのは1974年・1986年・1991年・2005年・2006年だけである。

道内一:交通死亡事故ゼロ記録
後志管内泊村の記録で1978年8月から2001年7月までの約23年が歴代1位(8356日)。

日本一:獣害
1915年11月留萌管内苫前町で発生したヒグマによる三毛別事件6人殺害、3人重傷。

日本初:すずめ大量死
2005年末~2006年はじめにかけて旭川市内を中心に数百羽のすずめ大量死が発覚、すずめでは国内初の異常事態。

日本一:最大海難事故
1954年9月26日台風15号による青函連絡船洞爺丸転覆事故は他の連絡船含め全体で1430名の犠牲者を出し国内海難事故で過去最悪、世界でも第3番目に最悪(2005年現在世界4番目)。

日本初:輸血でE型肝炎感染
室蘭市の病院で2002年7月に、輸血では初めてE型肝炎感染者。

日本初:種痘術
函館市で1824年中川五郎治が日本初の天然痘治療をした。

日本初:遺伝子治療
1995年8月1日、札幌市北大病院で国内初の遺伝子治療が行われる。

道内初:BSE感染牛
2001年宗谷管内猿払村で国内2頭目、道内初のBSE感染牛確定。

日本初:食品からのリステリア菌食中毒
2001年3月、ナチュラルチーズでリステリア菌に集団感染した食中毒事件。食品からこの菌に感染したのは日本ではじめて。

日本初:心臓移植手術
1968年8月8日、札幌医科大学和田寿郎教授。渡辺淳一氏はこの手術を題材に「小説・心臓移植」(1969年3月、後の「白い宴」)を発表した。

日本一:未成年人工妊娠中絶件数
厚生労働省(2003年)。人工妊娠中絶も全国平均より高いが未成年では全国最多(2757件)。

日本一:喫煙率
JT調査、2006年には男性50.9%、女性22.5%で男女とも全国一であったが、2007年には男性42.4%で1983年以来24年ぶりに3位に好転、2008年現在、女性は相変わらず20.3%で1973年以来36年連続日本一である。

日本初:総合病院の診療所格下げ
夕張市立総合病院は市の財政破綻の影響で100床以上の総合病院として全国ではじめて診療所へ格下げされた(2007年)。

世界一:血圧測定人数
札幌市札幌ドームで開催された2009年5月9日、7607人が血圧測定をしギネス記録更新。

日本初:難病センター
札幌市に北海道難病センター完成(1983年1月11日)。

日本初:口腔診断内科学教室
札幌市北大病院の口腔内科は日本ではじめての口腔診断内科学教室。

日本初:診療データ転送
旭川市と旭川医大が患者のカルテや検査データを転院時に転送できるようにする実験を2009年7月に開始。

道内初:聴覚障害者専用老人ホーム
道内初、国内2番目の聴覚障害者専用老人ホームが1981年に十勝管内新得町で開発。

AirBookmark

筆者について

編集部

編集部

北海道ファンマガジン編集部。編集部スタッフが取材執筆した記事や、名前を出さないライターの記事、寄稿記事の掲載の際にもこのアカウントが使われます。