学ぶ

工業鉱業のNo1

世界一:単一工場新聞用紙生産量
苫小牧市王子製紙苫小牧工場(2007年)。

日本初:国産ストーブ
1856年に函館で英国船のクワヒル(石炭ストーブ)を参考に製造、稚内で使われた。(詳細)

日本一:鴻ノ舞金山
こうのまいと読む。紋別市。昭和時代に日本一の産出量を誇り東洋の金山と呼ばれた。(詳細)

世界一:インジウム産出量
札幌市豊羽鉱山では、かつて銀、銅、鉛、亜鉛の各分野で日本最大産出、またインジウム産出量は世界一であった。2006年枯渇のため閉山。

日本一:コメンド岩埋蔵量
十勝管内幕別町忠類で国内2箇所のうち1箇所。

日本一:水銀産出量
北見市留辺蘂町のイトムカ鉱山は東洋最大の水銀産出地であった(閉山)。だが現在、国内唯一の水銀含有廃棄物処理場、かつ、国内唯一の水銀地金生産精錬所。

日本一:炭鉱商業採炭
国内唯一で最後の釧路市太平洋炭鉱は2002年1月9日で営業採炭終了。引き継いだのは釧路コールマインで現在日本唯一(2007年)。

日本一:ブラックシリカ生産量
国内で唯一、檜山管内上ノ国町天の川上流でのみとれる。

日本一:除雪機専門製造メーカー
国内唯一、札幌市の日本除雪機製作所(NICHIJO)は国内除雪機シェア4割製造。

日本初:水道管炭酸ガス洗浄工法
2003年以降サービス開始の道内発祥技術。イオングループ、ジャパンメンテナンス北海道が開発。

日本一:食料品飲料たばこ飼料の工業製品出荷額
23472億円(1996年)。

日本初:国産材2X4製材生産工場
十勝管内新得町の工場で1995年から。

世界一:ペーパーポット生産量
十勝管内清水町で16万ケース年間生産し世界一。

道内初:炭鉱
後志管内泊村茅沼炭鉱。ちなみに本格的坑内掘炭鉱道内最古は三笠市。

AirBookmark

筆者について

編集部

編集部

北海道ファンマガジン編集部。編集部スタッフが取材執筆した記事や、名前を出さないライターの記事、寄稿記事の掲載の際にもこのアカウントが使われます。