旅する

『函館公園こどものくに』にある国内最古と国内初の乗り物・遊具とは?

千葉美奈子
Written by 千葉美奈子

『函館公園こどものくに』にある国内最古と国内初の乗り物・遊具とは?

【函館市】1956(昭和31)年5月に開園した函館市青柳町の『函館公園こどものくに』。レトロな雰囲気でいっぱいの小さな遊園地には、"国内最古"の乗り物と、2014年春に導入された"国内初"の遊具があることをご存知でしょうか?
※写真:函館山のふもとに位置する函館公園

唯一の「文化財である遊園地」、『函館公園こどものくに』

「こどものくに」がある函館公園の開園は、1879(明治12)年。運営する北海興業によると、2006年に、こどものくにの遊戯機械を含む函館公園全体が国指定文化財、登録記念物として登録され、唯一の「文化財である遊園地」という歴史を持ちます。そのこどものくにには、現在国内で稼働する中で最も古い観覧車と、国内で初めて遊園地に導入された重機を利用した遊具「ユンボ DE GO!」があります。

▼いざ、観覧車へ!
『函館公園こどものくに』にある国内最古と国内初の乗り物・遊具とは?

"ある意味絶叫系!?"の国内最古の観覧車

『函館公園こどものくに』にある国内最古と国内初の乗り物・遊具とは? 1950(昭和25)年に七飯村(当時)の大沼湖畔に設置され、1965(昭和40)年に現在地に移された観覧車。直径10mと小規模な観覧車ですが、こどものくにホームページでは"ある意味絶叫系"と紹介。そのわけは、囲いがないこと。ベンチに座り、前方の柵を閉め、降ろしたバーを手で握るタイプで、ボックスタイプのように周りが覆われているわけではありません。

スタートして徐々に高さが上がってくると、何とも心もとない気分でいっぱいに……。下を見ると怖いので、姿勢を正し周りを見回すと、左手には函館山山頂や、右側には津軽海峡を望むことができます。しかしやはり景色を楽しむ余裕よりも、国内最古の囲いがない観覧車というスリルが勝り、ドキドキしているうちに段々周りの景色が下がってくると、ホッと安堵を覚えます。

▼下を見ると怖い!
『函館公園こどものくに』にある国内最古と国内初の乗り物・遊具とは?
『函館公園こどものくに』にある国内最古と国内初の乗り物・遊具とは?

▼降りてくるとホッ。
『函館公園こどものくに』にある国内最古と国内初の乗り物・遊具とは?

さすがに大人は絶叫はしませんが、初めての方は心の中で「思ったより怖い~!」と叫ぶのでは!? そして、一緒に乗った2歳児は、1歳の時には全く動じなかったのですが、2歳になり周りの状況を見渡せるようになったのか、1周の間に何度か雄叫びを上げておりました……。

重機操作を味わえる「ユンボ DE GO!」

『函館公園こどものくに』にある国内最古と国内初の乗り物・遊具とは?

2014年のゴールデンウィーク前に導入された遊具「ユンボ DE GO!」は、中古の重機を改造して可動域を狭め、ぶら下げたおもりを動かしてボーリングのピンの絵が描かれたパネルを倒す遊具。

北海興業によると、イギリスにある重機を使った遊具を集めたテーマパークにヒントを得たそうで、国内の遊園地で初めての導入とのこと。左右のレバーを使い、おもりを上下左右に操り、制限時間2分間で何枚のパネルを倒せるか!? 働く車大好きな子どもには、本物の重機の操作を味わえるたまらない遊具です。

▼おもりを操ってパネルを倒す
『函館公園こどものくに』にある国内最古と国内初の乗り物・遊具とは?

▼上下左右、レバー操作が楽しい
『函館公園こどものくに』にある国内最古と国内初の乗り物・遊具とは?

他にもレトロでな遊具が色々

おばけやしきも小さいながら、耳元で鳴る効果音に適度に心臓を刺激され、怖がりな大人にはそれなりのスリル、小さな子どもは泣き出すかもという、ほどよい怖さ。スリルを味わった後には、おばけやしき上にある飛行機での空中散歩で切る風に、心地よさを感じるでしょう。歴史の長い施設ですが、毎日の点検と月1回の定期整備、繁忙期前の点検、年1回の国指定検査などを行い、現在も活躍しているそうです。

▼こぢんまりとしたレトロな園内
『函館公園こどものくに』にある国内最古と国内初の乗り物・遊具とは?

起伏があり変化に富んだ眺めを楽しめる公園内を散歩しながら、ミニ動物園を周ったり、歴史的建造物も楽しんだり。歴史的街並みが残る函館・西部地区のはずれにあり、谷地頭温泉や、津軽海峡の向こうに下北・津軽半島を望める立待岬も近いので、観光に訪れた際にはぜひ立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

函館公園こどものくに・ホームページ

AirBookmark

筆者について

千葉美奈子

千葉美奈子

東京都出身。2012年夏から函館市在住。乳幼児と保護者向けイベントの講師業のほか、総合情報サイト『All About』の乳児育児・絵本ガイド。自身も子育て現役中。初めての北海道生活、函館の空の表情の豊かさは、長年かかって築かれてきた価値観・人生観に大きな影響を与えたようです。道南地方の個性的な魅力に触れるたびに幸せな気持ちに。趣味は料理、パン作り、野球観戦。