"> ">もりもとが小樽に初出店! 小樽店限定スイーツ2つを食べてみた – 北海道ファンマガジン [ファンマガ]
味わう

もりもとが小樽に初出店! 小樽店限定スイーツ2つを食べてみた

佐藤佳奈
Written by 佐藤佳奈

【小樽市】 2013年6月末から徐々に店内がリニューアルされている長崎屋小樽店。2013年9月現在、2階は若い女性向けのファッションフロアに改装、3・4階は一部店舗を残してドン・キホーテのフロアが拡大となるなど、今までの長崎屋の記憶が頭に残っている人にとっては衝撃的なリニューアル具合となっていますが、1階の飲食店ゾーンに『もりもと 長崎屋小樽店』が2013年8月10日(土)にプレオープン、8月31日(土)にグランドオープンしました。

筆者はグランドオープン翌日に行ってみましたが、もりもと小樽初出店という事もあり、店舗はお馴染みの「はかり売りパン」やケーキを購入する買い物客で賑わっていました。そんな中、本来であれば「はかり売りパン」コーナーでパンを吟味する筆者ですが、『もりもと長崎屋小樽店限定の商品がある』という事を耳にし、今回は限定2商品をいただいてみました。

リンゴの果肉が丁度良い甘さを引き立てる『余市りんごモンブラン』

もりもとが小樽に初出店! 小樽店限定スイーツ2つを食べてみた まずは『余市りんごモンブラン』。余市産のりんごを使用しているとの事で、りんごムースとスポンジが層になった上にチーズクリームが絞られており、アクセントとなっているりんごの果肉が丁度良い甘さを引き立ててくれています。1個食べ終わると思わずもう1個食べたくなるような感じです。ケーキ自体も、可愛らしいたまご型のカップに入っているのでお土産にもお勧め。

コーヒーの風味をそのままに……『北海道チーズタルト 可否茶館・珈琲』

もりもとが小樽に初出店! 小樽店限定スイーツ2つを食べてみた お次は『北海道チーズタルト 可否茶館・珈琲』。こちらは、道産のマスカルポーネチーズにコーヒー専門店「可否茶館(かひさかん)」のオリジナルコーヒーを加えて焼き上げたというタルト。「コーヒーの風味をそのままに」というキャッチコピーのとおり、本当にコーヒーの味が全面に出ています。よく、お店で売っているコーヒータルトって、チーズの味も出ているためか、ティラミスのような風味になっているものが多い気がするのですが、このタルトはそんな事が無かった印象です。

各地に店舗を構えるもりもとですが、長崎屋小樽店限定の2商品をお目当てに小樽まで足を運ぶのも良いかもしれません。長崎屋自体も、JR小樽駅の向かいにあるので行きやすいですよ!

もりもと長崎屋小樽店
住所:小樽市稲穂2-20-1 長崎屋小樽店1階
営業時間:10:00~19:00
http://www.haskapp.co.jp/

AirBookmark

筆者について

佐藤佳奈

佐藤佳奈

普段は会社員として札幌で働き、休日に時間を見つけては自由気ままに地元近郊を散策し、北海道ファンマガジンのライターとして小樽ネタを自由に綴る。あまとうのチョコレートパフェが好きで、おたる運がっぱをこよなく愛する。趣味はライブ参戦と絵画。