トピックス

14キャラ勢ぞろいのBirthdayParty!運がっぱ公式ソングお披露目も

佐藤佳奈
Written by 佐藤佳奈

14キャラ勢ぞろいのBirthdayParty!運がっぱ公式ソングお披露目も

【小樽市】2014年6月28日(土)、運河プラザにて『コアックマ&運がっぱ&アックマ BirthdayParty in おたる』が開催されました。今回は総勢14体のゆるキャラ&来場者で盛り上がったイベントの様子をリポートします!

各地から駆けつけたキャラクターが勢ぞろい

小樽駅から会場の運河プラザへ続く小樽駅前通りでは、自分の好きなゆるキャラのグッズをバッグに付けている人、手作りのゆるキャラグッズを持参している人……と、会場に向かう方々がちらほら。

会場では開場時間とグッズ販売の開始が10時30分からでしたが、開場前から多数の方が運河プラザ前で待っていた事もあり、急遽開場時間を早め、10時過ぎには開場・グッズ販売開始となりました。 運河プラザ1番庫では、おたる運がっぱ、コアックマ&アックマ、とまチョップ、臼子ねえさん、ユニ殿&そらち姫、ジンギスカンのジンくんのグッズ販売が行われたり、運がっぱも限定コラボピンバッチで運動に協力している赤い羽根共同募金(今回のイベントに参加されたキャラクターもバッチを付けていました)や、ピンクリボン運動のブースもありました。

14キャラ勢ぞろいのBirthdayParty!運がっぱ公式ソングお披露目も

そして運河プラザ3番庫では、11時よりオープニングステージが開始。 まず、本日の主役であるおたる運がっぱ(小樽市/6月23日生まれ)と、コアックマ&アックマ(北海道/6月6日生まれ)がステージに登場!

14キャラ勢ぞろいのBirthdayParty!運がっぱ公式ソングお披露目も
14キャラ勢ぞろいのBirthdayParty!運がっぱ公式ソングお披露目も

続けてゲストのゆるキャラも登場するのですが、北海道内からは臼子ねえさん(浦臼町)、えべチュン(江別市)、きびっち(札幌市)、ジンギスカンのジンくん&カンくん(札幌市)、たら丸(岩内町)、テレビ父さん(札幌市)、とまチョップ(苫小牧市)、ユニ殿&そらち姫(由仁町)が、海を渡って道外からはレルヒさん(新潟県)といったキャラクター達がお祝いに駆けつけてくれました。 また、ステージではユニ殿とそらち姫からは運がっぱへ浮き輪、アックマへ水鉄砲、コアックマへピンクのテディベアがプレゼントされました。

公式ソングをお披露目!運がっぱステージ

14キャラ勢ぞろいのBirthdayParty!運がっぱ公式ソングお披露目も

一旦時間を挟み、今度は運がっぱステージが始まります。 当日6月28日にCD発売となった、おたる運がっぱ公式ソング「おたる運がっぱのうた~きみはともだち~」のお披露目ということで、ステージでは小樽市在住のアーティスト・高橋麻衣子さんが唄とダンス、運がっぱと小樽商科大学の生徒さん、高橋さんのピアノ教室の生徒さんがダンスを踊り、運がっぱのイメージにふさわしく、可愛く元気いっぱいに楽曲を披露してくれました。

運がっぱのステージが終わると、今度はコアックマ・アックマステージ。 KISSメイクとステージ衣装で登場した2匹は「FIRE!AKKUMA!FIRE!~アックマのテーマ~」を披露。コアックマはステージ上をくまなく移動して会場を盛り上げ、アックマはカッコ良くギターの腕前を見せてくれました。

14キャラ勢ぞろいのBirthdayParty!運がっぱ公式ソングお披露目も

運がっぱとコアックマ・アックマのステージが終了すると、午後からのステージイベント開始までフリータイムということで、運河プラザ3番庫や中庭・前庭では来場者が会場内を回遊するゆるキャラ達と記念撮影をしたり、コミュニケーションを取ったりと、それぞれ思い出づくりを楽しんでいました。また、ゆるキャラ同士もお互い挨拶したり、ふざけあったり、自らグッズ販売ブースに登場するゆるキャラもいました。

▼自ら販売ブースにてトートバッグをアピールするジンくん・カンくん。
14キャラ勢ぞろいのBirthdayParty!運がっぱ公式ソングお披露目も

▼ラッピングタクシーと記念撮影するアックマ・コアックマ、おたる運がっぱ、レルヒさん
14キャラ勢ぞろいのBirthdayParty!運がっぱ公式ソングお披露目も

運がっぱ公式ソングはこうして生まれた!

また、運がっぱグッズ販売ブースでは、この日お披露目となった「おたる運がっぱのうた~きみはともだち~」が販売され、市内在住のアーティスト高橋麻衣子さん、下兼良介さんがブースにてCD発売までのいきさつを教えてくれました!

同曲は、下兼さんが"運がっぱが小樽市内を散歩している時のBGM"をイメージして昨年6月頃に3~4日かけて作曲したものを仮歌にし、今年2月に運がっぱ運営元である(株)石井印刷へ持ち込んだところ、社員からの快諾を受けて本格的にCD制作・発売となりました。

高橋さんの「運がっぱの可愛さを伝えたい!」といった思いのとおり、楽曲では小樽の街並みと共に運がっぱのしっかりした部分やちょっぴりドジな部分の両方が下兼さんの手によって表現されています。また、CD制作や動画作成、お披露目において小樽市内在住の関係者の方と共に作っていった経緯もあり"MADE IN OTARU"という言葉がぴったりの作品になったそう。

CDは今回のイベントだけではなく、小樽紙匠堂WEB SHOP、石井印刷、運河プラザ、ウイングベイ小樽1階 パシオズ、高橋さんと下兼さんのライブ時にお買い求め頂けるということで、「小樽土産に購入していただいたり、沢山の方に聴いていただき、小樽に来ていただければ」と下兼さん。今後、続編も出す予定?!という言葉も出てきましたので続報に期待です。

▼CDを手にする高橋麻衣子さん、運がっぱ、下兼良介さん
14キャラ勢ぞろいのBirthdayParty!運がっぱ公式ソングお披露目も

超満員の会場でダンスステージイベント!「えびすけ」初お披露目!

フリータイムが終わって午後最初のステージ企画は『キャラクター全員集合!!3番庫でShall We Dance?』と題し、「おたる運がっぱのうた~きみはともだち~」とコアックマの「Smile Change The World~コアックマのテーマ~」を会場の全員で踊り、3番庫をダンスホールにしよう!という企画だったのですが、会場の3番庫に人が入りきらない程の超満員。

更に来場者と混ざってゆるキャラ達も踊るので、どこに誰がいるのかは頭の形でやっと判断できるぐらいでした。中でも臼子ねぇさんは軽快なステップでダンスを踊って周囲を圧倒させていましたが、張り切りすぎて頭に飾られている葡萄とワインが飛んで行ってしまいました!周囲の方に助けられ、なんとか頭に葡萄とワインが再度飾られました。

再度フリータイムが行われ、この時間帯には小樽市内の人力車でお馴染みの『えびす屋』のゆるキャラ「えびすけ」が初お披露目ということで、来場者やゆるキャラ達と交流を深めていました。

▼たら丸にアスパラで突かれる「えびすけ」
14キャラ勢ぞろいのBirthdayParty!運がっぱ公式ソングお披露目も

そしてフィナーレへ

フィナーレステージでは、『みんなでHappy Birthday☆』と題し、会場に居る来場者全員でハッピーバースデーを3番まで唄い、運がっぱ、コアックマ、アックマをお祝いしようという企画が行われました。お祝いするにあたり、全キャラクターがステージに登場。テレビ父さんがくす玉の紐を引っ張ろうといたずらしようとしたり、レルヒさんがステージ登場時に急な体調不良のため一旦ステージ裏に戻るというアクシデントもありましたが、最後には復活して再登場。会場から大きな歓声と拍手が沸き起こりました。

また、今回、南三陸町の復興市に参加のためイベントに参加できなかったゾンベアー(小樽市)より、運がっぱへ緑の腸、コアックマへピンクの腸、アックマへ紫の腸、ダイオウグソクムシのぬいぐるみがプレゼントされ、ゲストのとまチョップからもそれぞれプレゼントが贈呈されました。

14キャラ勢ぞろいのBirthdayParty!運がっぱ公式ソングお披露目も

そして、ステージ上にはすべてのゆるキャラが揃い、来場者全員と共にハッピーバースデーの大合唱。3番まで唄い終わると、たら丸がくす玉の紐を引っ張り、割れたくす玉の中から『コアックマ&運がっぱ&アックマ お誕生日おめでとう』と書かれた垂れ幕と、3匹の顔が書かれた紙吹雪が舞い散り、拍手喝采の会場。 3匹をお祝いした温かい余韻に浸りながら、イベントは無事に幕を閉じました。

尚、関係者の方の話では、この日1日で用意した500部のパンフレットは全てなくなり、おおむね700~800人の来場者があったのではないか、ということでした。この日、最も小樽市内で老若男女問わず全ての方が笑顔になれた素敵なイベントだったと思います。今年だけとは言わず、来年もぜひ皆で小樽の地でゆるキャラ達をお祝いしたいですね。

AirBookmark

筆者について

佐藤佳奈

佐藤佳奈

普段は会社員として札幌で働き、休日に時間を見つけては自由気ままに地元近郊を散策し、北海道ファンマガジンのライターとして小樽ネタを自由に綴る。あまとうのチョコレートパフェが好きで、おたる運がっぱをこよなく愛する。趣味はライブ参戦と絵画。