学ぶ

羨古丹(うらやこたん):難読地名


大きな地図で見る

・難易度 ★★☆☆☆
・読み方 ちょっとやさしいかな?羨ましいの「うらやこたん」です。
・由来と意味 アイヌ語のウライ・ヤ・コタン(簗[やな]網の部落)より
・所在地 釧路管内浜中町東部(浜中町大字後静村字羨古丹)
・用例 羨古丹水門、羨古丹駐車場、羨古丹川
・備 考 1831年に異国船によって焼き払われたというけっこう古い歴史がある羨古丹。霧多布半島が見える場所。北海道に多い「コタン」という名前の地名のひとつ。


羨古丹(うらやこたん):難読地名
羨古丹(うらやこたん):難読地名

AirBookmark

筆者について

編集部

編集部

北海道ファンマガジン編集部。編集部スタッフが取材執筆した記事や、名前を出さないライターの記事、寄稿記事の掲載の際にもこのアカウントが使われます。