学ぶ

嬰寄別(あっちょろべつ):難読地名


大きな地図で見る

・難易度 ★★★★★
・読み方 読めるわけがない……「アッチョロベツ」。
・由来と意味 アイヌ語の(楡[ニレ]の木の皮を漬けて置く川)より
・所在地 釧路管内釧路町南西部
・用例 特になし
・備 考 アイヌの人たちにとってアツシという着物を作るために樹皮が必需品。アツシの糸をニレの木の樹皮からとっていたらしい。今ではあまり楡の木はない。またこの地名は、蝦夷日誌に城跡があったことが記録されていたことから城山と呼ばれるようになった。従って現在の地名は城山。マップにも城山でのっている。


嬰寄別(あっちょろべつ):難読地名
嬰寄別(あっちょろべつ):難読地名

AirBookmark

筆者について

編集部

編集部

北海道ファンマガジン編集部。編集部スタッフが取材執筆した記事や、名前を出さないライターの記事、寄稿記事の掲載の際にもこのアカウントが使われます。