学ぶ

重蘭窮(ちぷらんけうし):難読地名


大きな地図で見る

・難易度 ★★★★★
・読み方 じゅうらん?ん?違います「チプランケウシ」。
・由来と意味 アイヌ語の(船をいつもおろすところ)より
・所在地 釧路管内釧路町大字仙鳳趾村字重蘭窮
・用例 特になし
・備 考 大字仙鳳趾(せんぽうし)村字重蘭窮、仙鳳趾村重蘭窮などと表記される。釧路町昆布森(海岸沿い)の仙鳳趾にある難読地名。アイヌ語由来で「cip-ranke-usi」、つまり船をいつもおろす(進水する)ところという意味。船を作っていたらしい。まず読めないぞ。


重蘭窮(ちぷらんけうし):難読地名
重蘭窮(ちぷらんけうし):難読地名

AirBookmark

筆者について

編集部

編集部

北海道ファンマガジン編集部。編集部スタッフが取材執筆した記事や、名前を出さないライターの記事、寄稿記事の掲載の際にもこのアカウントが使われます。