学ぶ

美羽烏(びばからす):難読地名


大きな地図で見る

・難易度 ★★☆☆☆
・読み方 びばがらす・びばからす・ビバカルウシ。
・由来と意味 アイヌ語のピパカルウシ(貝殻をいつもとる所)。
・所在地 上川管内剣淵町
・用例 美羽烏(ビバガラス)バス停、びばからすスキー場
・備 考 剣淵町の東側のびばからすスキー場ふもとあたりの名。地名の由 来はアイヌ語で「ピパカルウシ(貝殻をいつもとる所)」からきた。美 唄市同様、むかしは貝がたくさんとれたことから命名されているが、 それに漢字をあてて「美羽烏」となった。決して軽い牛ではない。道 道上士別ビバカルウシ線・温根別ビバカルウシ線というのもある。 ちなみに剣淵町のマスコットはからすで、名前は「びばからす」。自 称「めんこいからす」。何と「びばからす」というお土産まである。 絵本の町だからこそできる「絵本の里びばからす賞(大賞に次ぐ賞)」 というのもある。


美羽烏(びばからす):難読地名
美羽烏(びばからす):難読地名

筆者について

編集部

編集部

北海道ファンマガジン編集部。編集部スタッフが取材執筆した記事や、名前を出さないライターの記事、寄稿記事の掲載の際にもこのアカウントが使われます。