学ぶ

若生(わっかおい):難読地名


大きな地図で見る

・難易度 ★★★☆☆
・読み方 わかおい……と読みたいが「わっかおい」
・由来と意味 アイヌ語で「ワッカオイ(飲み水があるところ)」。
・所在地 伊達市若生
・用例 若生貝塚、若生湧水、若生台地(丘陵)、若生バス停、若生会館
・備 考 同じ漢字の住所が石狩市にもあるが「わかおい」と読む。それな らまだ理解できるが、間に小さい「っ」が入るともうお手上げである。 石狩市のほうの「若生」と読み方さえ違うものの由来は同じワッカオ イである。実は漢字にはならなくてもカタカナのまま呼んでいるとこ ろは道内に幾つかある。たとえば、サロマ湖のワッカ原生花園界隈も ワッカオイ、中標津近くの神の子池あたりもワッカオイだったとか。 「ワッカ(水)」つながりでは最北の稚内市もそうだし、新十津川町にある「和歌」もわっかと読む(ただしワッカウエンぺツがもとの名称、水の汚い川という意味)。話を若生に戻す と、伊達市若生は、道内でもトップクラスの遺跡「若生貝塚」が有名。 また、明治期伊達市に入植した伊達邦成は、若生丘陵(若生台地)から のながめを歌にした。ここは伊達市市街地と有珠山の間にある。


若生(わっかおい):難読地名
若生(わっかおい):難読地名

AirBookmark

筆者について

編集部

編集部

北海道ファンマガジン編集部。編集部スタッフが取材執筆した記事や、名前を出さないライターの記事、寄稿記事の掲載の際にもこのアカウントが使われます。