学ぶ

和(やわら):難読地名


大きな地図で見る

・難易度 ★★☆☆☆
・読み方 やわら。
・由来と意味 開拓者の出身地千葉県「矢原」を「和」とし、やわらと読ませた。
・所在地 空知管内北竜町字和
・用例 和保育所、郵便局和局、和ブーム利用組合、和地区コミュニティ ーセンター、和パークゴルフ、和バス停、和駅跡
・備 考 やわらちゃん……ではないが、なんだかかわいらしい地名であ る。今回はアイヌ語由来ではないが、読みづらいものをピックアップ。 実は北竜町役場のある場所、中心地が和つまりやわらなのだ。北竜町 の開拓者の故郷を漢字を変えて地名とする珍しいパターン。和という よりは北竜町市街地と呼ぶことが多く、あまり知らない人も多いが、 沼田町の北竜地区と区別するために用いることもある。郵便局和局の ひまわり印は収集家に人気。旧国鉄札沼線が現在よりも北に伸びてい た時代、近くに和駅があったが、現在はもちろん廃駅だ。


和(やわら):難読地名
和(やわら):難読地名

AirBookmark

筆者について

編集部

編集部

北海道ファンマガジン編集部。編集部スタッフが取材執筆した記事や、名前を出さないライターの記事、寄稿記事の掲載の際にもこのアカウントが使われます。