学ぶ

覚生(おぼっぷ):難読地名


大きな地図で見る

・難易度 ★★★★☆
・読み方 おぼっぷ。
・由来と意味 アイヌ語由来でオポプ「川尻に水が湧き出るところ」。
・所在地 苫小牧市錦岡
・用例 覚生川、覚生沼、覚生林道、覚生町内会、覚生橋、覚生大沼、覚 生小沼
・備 考 松浦武四郎の東蝦夷日誌にも登場する地名で、それによるとヲボ ウとなっている。漢字表記はこれをあてたとされる。かつては勇払郡 覚生村で、1902年に苫小牧村(現在の苫小牧市)と合併している。苫小 牧市西部に位置する地域で、樽前山麓から太平洋に流れ出る覚生川も ある。キャンプ場などレクリエーションの場として活用されている。 現在は自然地形名称でみられるくらいで残っていない。唯一町内会の 名称として、錦岡の一部二十数世帯を管轄している。


覚生(おぼっぷ):難読地名
覚生(おぼっぷ):難読地名

AirBookmark

筆者について

編集部

編集部

北海道ファンマガジン編集部。編集部スタッフが取材執筆した記事や、名前を出さないライターの記事、寄稿記事の掲載の際にもこのアカウントが使われます。