学ぶ

鍛高(たんたか):難読地名


大きな地図で見る

・難易度 ★★☆☆☆
・読み方 たんたか。
・由来と意味 アイヌ語由来「カレイ類(魚)」を意味する。
・所在地 釧路管内白糠町鍛高
・用例 鍛高譚、タンタカ沢、タンタカ山
・備 考 しそ焼酎「鍛高譚」(詳細はこちら)で有名。これは「たんたかたん」と読む。最 後の「たん」というのもアイヌ語の「かたる」を意味する語呂合わせ の造語。地名の由来からもわかるようにカレイが見られた、つまり、 鍛高地区まで茶路川をのぼってきていたとの伝説がある。地元ではカ レイもヒラメもタンタカと呼ばれていたらしい。新縫別近くにある、 タンタカ山では、化石も発掘されているようだ。


鍛高(たんたか):難読地名
鍛高(たんたか):難読地名

筆者について

編集部

編集部

北海道ファンマガジン編集部。編集部スタッフが取材執筆した記事や、名前を出さないライターの記事、寄稿記事の掲載の際にもこのアカウントが使われます。