学ぶ

晩生内(おそきない):難読地名


大きな地図で見る

・難易度 ★★★★☆
・読み方 ばんせいない?違います。おそきない。
・由来と意味 アイヌ語オショシケナイ(川口のがけが崩れている川)。
・所在地 空知管内浦臼町字晩生内
・用例 晩生内1号及び2号チャシ(遺跡)、晩生内駅、晩生内幹線用水路、 晩生内ワークセンター、晩生内神社、晩生内駐在所、晩生内川、晩生 内沢、晩生内社会教育センター、晩生内運動公園、 晩生内郵便局、路線バス晩生内線及び晩生内バス停
・備 考 つい最近まで道内最後の渡船が石狩川で運行していた場所。JR の札沼線(学園都市線)も通っており、駅もあるため知名度はかなり 高めである。かつては炭鉱も開設されていた。河川など自然の名称の 他にも、運動公園や晩生内小学校跡であるワークセンターなど施設の 名称にも登場する。晩をオソと読ませるのはさすがに感激である。晩 は一日の遅い時間と考えれば問題はないが。


晩生内(おそきない):難読地名
晩生内(おそきない):難読地名

AirBookmark

筆者について

編集部

編集部

北海道ファンマガジン編集部。編集部スタッフが取材執筆した記事や、名前を出さないライターの記事、寄稿記事の掲載の際にもこのアカウントが使われます。