学ぶ

安瀬(やそすけ):難読地名


大きな地図で見る

・難易度 ★★★★★
・読み方 やそすけ。
・由来と意味 アイヌ語由来、ヤソッケ(網を仕掛ける場所)から。
・所在地 石狩市厚田区安瀬
・用例 安瀬バス停、安瀬海岸、安瀬神社
・備 考 どう読んでも、「やすせ」としかならない、ありえない読み方を する究極の難読地名の一つ。実際、「やすせ」で漢字変換をする方 が簡単である。海沿いの町だけあって、地名の由来も漁村らしい。 かつては単独の村「安瀬村」だったが、厚田村などと合併し厚田村、 現在では石狩市となっている。近くにあるルーラン海岸が有名。 第43代横綱の吉葉山潤之輔の出身地。


安瀬(やそすけ):難読地名
安瀬(やそすけ):難読地名

AirBookmark

筆者について

編集部

編集部

北海道ファンマガジン編集部。編集部スタッフが取材執筆した記事や、名前を出さないライターの記事、寄稿記事の掲載の際にもこのアカウントが使われます。