学ぶ

売買(うりかり):難読地名


大きな地図で見る

・難易度 ★★★☆☆
・読み方 ばいばい?うりかい?違うんです、うりかり。
・由来と意味 アイヌ語「ウレカリ(魚を集めるところ、集まるところなど)」。
・所在地 帯広市
・用例 売買川、売買原野、旧売買村簡易教育所、旧売買尋常小学校
・備 考 由来は諸説あり、ウレカク、ウレカレフ、ウリガレップなどで、 意味も、ササの実を取る、平安どころなど意味も諸説ある。売買と 書いておきながら、バイバイでもなく、うりかいでもない、という 面白いことになっている地名である。名前のインパクトレベルも かなり高いことになっている。かつて「売買村」であったが、合併 により大正村となり、現在では帯広市の市域南部に入っている。今 でも残っている名称としては売買川が最も有名で、地図にも載って いる。


売買(うりかり):難読地名
売買(うりかり):難読地名

AirBookmark

筆者について

編集部

編集部

北海道ファンマガジン編集部。編集部スタッフが取材執筆した記事や、名前を出さないライターの記事、寄稿記事の掲載の際にもこのアカウントが使われます。