学ぶ

熱郛(ねっぷ):難読地名


大きな地図で見る

・難易度 ★★☆☆☆
・読み方 ねっぷ。
・由来と意味 アイヌ語「クンネネッペッ(黒い漂木のある川)」より。
・所在地 後志管内黒松内町熱郛、西熱郛、熱郛原野、西熱郛原野
・用例 熱郛川、熱郛原野、熱郛駅、道道熱郛白井川線、熱郛ホール、熱 郛郵便局、黒松内町役場熱郛支所、西熱郛原野、熱郛公住、熱郛 小学校、熱郛神社、熱郛断層、熱郛地区生涯学習館
・備 考 函館本線に駅名があるため、漢字変換がスムーズに出来る地名の ひとつ。現在は黒松内町にあるが、かつて歌棄郡熱郛村であった。 昭和30年に黒松内村、樽岸村の一部と合併し三和村、後に黒松内 町となっている。黒松内町の東部に地名も現在残っているし、意 外とインパクトが強いので読み方は比較的覚えやすい地名である。


熱郛(ねっぷ):難読地名
熱郛(ねっぷ):難読地名

筆者について

編集部

編集部

北海道ファンマガジン編集部。編集部スタッフが取材執筆した記事や、名前を出さないライターの記事、寄稿記事の掲載の際にもこのアカウントが使われます。