学ぶ

芽生(めむ):難読地名


大きな地図で見る

・難易度 ★★★☆☆
・読み方 めなま?めせい?「めむ」が正解。
・由来と意味 アイヌ語「深く清い水の流れ」「泉の湧き出るところ」など。
・所在地 深川市深川町字メム・空知管内妹背牛町字メム・日高管内 平取町芽生
・用例 芽生川、芽生神社、下芽生神社、芽生排水機場、メム川遺跡
・備 考 深川市西部妹背牛町との境界線近くの深川町にあるメム。妹背牛 町西部石狩川・雨竜川近くの芽生川流域には(下)メムという地域も ある。現在では一般的に住所表記で「メム」とカタカナで表記する 珍しいカタカナ地名の一つである。開拓時代から使われており、深 川市という地名の由来もメムの意訳だとされる。深川西ICがある地 域。北空知地区の稲作地帯の一つで、あたりに田園地帯が広がる。 日高管内平取町にも同名の地名があるが、ここは日本一15haの野生 すずらん群生地として有名である。由来にメムを含む地名として、 十勝管内芽室町、網走管内大空町がある。


芽生(めむ):難読地名
芽生(めむ):難読地名

筆者について

編集部

編集部

北海道ファンマガジン編集部。編集部スタッフが取材執筆した記事や、名前を出さないライターの記事、寄稿記事の掲載の際にもこのアカウントが使われます。