学ぶ

旅来(たびこらい):難読地名


大きな地図で見る

・難易度 ★★★☆☆
・読み方 たびくる?りょき?「たびこらい」が正解。
・由来と意味 アイヌ語「タプコプライ(瘤のような山・戦死の小丘戦場なり)」。
・所在地 十勝管内中川郡豊頃町旅来
・用例 旅来築堤、旅来渡船、旅来渡船記念の碑、道道旅来豊頃停車場線、 道道大津・旅来線、町道旅来長節線、旅来水位観測所、旧旅来村、 旅来チャシコツ、旧旅来小学校、旅来酪農センター、旅来川
・備 考 豊頃町の十勝川の河口付近川辺、海岸線の大津へ至る道の途中に ある。有名なのは国道336号線の、十勝河口橋がかかる92年まで活躍 した国内唯一で最後の渡船国道・十勝川最後の渡船「旅来渡船」。 現在は旅来渡船記念の碑が立つ。始まりは1881年に幌泉の藤井富兵 衛が入植し開拓したことから。河口付近の平野に位置するため、か つては洪水の被害にも見舞われ続けてきたが、旅来築堤が完成した。 行政変遷としては、旅来村が周辺村と合併し大津村となり、大津村 は3分割され、旅来地区は当時の豊頃村の区域に属した。


旅来(たびこらい):難読地名
旅来(たびこらい):難読地名

筆者について

編集部

編集部

北海道ファンマガジン編集部。編集部スタッフが取材執筆した記事や、名前を出さないライターの記事、寄稿記事の掲載の際にもこのアカウントが使われます。