学ぶ

井目戸(いもっぺ):難読地名


大きな地図で見る

・難易度 ★★★★☆
・読み方 いめと?いや、「いもっぺ」が正解。
・由来と意味 アイヌ語由来「魚を釣るえさ」などのこと。
・所在地 胆振管内むかわ町字宮戸
・用例 井目戸児童クラブ、旧井目戸尋常小学校、井目戸三角点、井目戸地蔵尊
・備 考 むかわ町宮戸地区の昔の地名。ちょうどむかわ町市街地近くにある地 名で、中心街が鵡川河口の西部に位置するのに対し、井目戸は鵡川 河口の東部に位置する。現在残っているのは、井目戸児童クラブな ど少数しかない。「井戸」に「目」が入っている、なんだか面白い名前の地名である。


井目戸(いもっぺ):難読地名
井目戸(いもっぺ):難読地名

筆者について

編集部

編集部

北海道ファンマガジン編集部。編集部スタッフが取材執筆した記事や、名前を出さないライターの記事、寄稿記事の掲載の際にもこのアカウントが使われます。