学ぶ

嶮暮帰(けんぼっき):難読地名


大きな地図で見る

・難易度 ★★★★☆
・読み方 これで「けんぼっき」と読む。
・由来と意味 アイヌ語「ケネポク(ハンノキの下)」から。
・所在地 釧路管内浜中町嶮暮帰
・用例 嶮暮帰島
・備 考 東京に同名の店があるようだが、北海道・道東には地名がある。 嶮暮帰は主に浜中町の太平洋沿岸に浮かぶ大き目の島「嶮暮帰島」 を指す。かつて1年間だけ、ムツゴロウさんこと畑正憲さんが、こ の島で動物たちと1971年から1年間生活した場所でもある。その後 浜中町本土の地にムツゴロウ王国の基を築いた。以後はほぼ無人島 と化している。現在も行くことが不可能ではない。形は台地状で上 面は平で、端っこは断崖のようになっている島である。貴重な海鳥 の繁殖地としても有名である。島へは1.5km、周囲4.5km、面積7.1ha。


嶮暮帰(けんぼっき):難読地名
嶮暮帰(けんぼっき):難読地名

AirBookmark

筆者について

編集部

編集部

北海道ファンマガジン編集部。編集部スタッフが取材執筆した記事や、名前を出さないライターの記事、寄稿記事の掲載の際にもこのアカウントが使われます。