学ぶ

支寒内(ししゃもない):難読地名


大きな地図で見る

・難易度 ★★★☆☆
・読み方 「ししゃもない」または普通に「しさむない」と読む。
・由来と意味 アイヌ語「和人の沢」より。
・所在地 千歳市支寒内
・用例 シシャモナイ沢、支寒内橋、シシャモナイコース(登山道)、 シシャモナイ川、シシャモナイ天然更新試験地
・備 考 千歳市の支笏湖風不死岳西側山麓の地名。和人が「シャモ」で、 死が「シ」で、この地に和人が死んでいたという由来もあると伝 えられている。支笏湖畔の有名な観光名所として知られる「苔の 洞門」はこの地にある。このあたりに民家は皆無に等しい。地図 によっては、「しさむない」と表記することもある。苔の洞門か ら樽前山への登山コースの一つに「シシャモナイコース」がある が、現在は苔の洞門とともに閉鎖されている。


支寒内(ししゃもない):難読地名
支寒内(ししゃもない):難読地名

AirBookmark

筆者について

編集部

編集部

北海道ファンマガジン編集部。編集部スタッフが取材執筆した記事や、名前を出さないライターの記事、寄稿記事の掲載の際にもこのアカウントが使われます。