旅する

木古内から路線バスに乗って歴史感じる日本遺産の街「江差」を目指そう!

路線バスだけを使って北海道を旅する企画「バスタビ北海道」。第三弾となる今回は、道南の木古内から江差までを巡ります。函館バスを利用して、実際に初夏の道南を旅してくれたのは、清水香菜美さんと竹村美穂さん。果たして、どんな旅が待ち受けているのでしょうか。

▼今回の旅のルート
木古内から路線バスに乗って歴史感じる日本遺産の街「江差」を目指そう!

【動画】バスタビ北海道第3弾 江差編

木古内駅から旅がスタート!

▼生まれ変わったJRと道南いさりび鉄道の木古内駅
木古内から路線バスに乗って歴史感じる日本遺産の街「江差」を目指そう!

2016年に北海道新幹線が開通し、北海道の玄関口として新たに生まれ変わったJRと道南いさりび鉄道の木古内駅。今回の「バスタビ北海道」のスタート地点です。駅の向かいには道の駅「みそぎの郷きこない」もあり、この駅自体がひとつの観光スポットとして注目を集めています。

▼道の駅「みそぎの郷きこない」
木古内から路線バスに乗って歴史感じる日本遺産の街「江差」を目指そう!

ついつい足留めしてしまいそうですが、ここはあくまでもスタート地点。気を取り直して、バス停へと向かいましょう。

今回利用する函館バスの乗り場は、JR木古内駅のすぐ外側、道の駅が見える場所にあります。香菜美さんと美穂さん、旅の主役ふたりは「上ノ国・江差行」の2番乗り場で待ち合わせです。

▼清水香菜美さん(左)と竹村美穂さん(右)が乗るのはかわいらしい小型バス「ポンチョ」
木古内から路線バスに乗って歴史感じる日本遺産の街「江差」を目指そう!

朝9時20分、バスが出発しました。最初の目的地は「湯ノ岱」(ゆのたい)です。時間に余裕のある人のために、途中にあるバス停もご紹介しておきましょう。「鶴岡禅燈寺前」は、明治時代に山形県の鶴岡藩士が入植し開拓された場所で、今も地名に鶴岡の名前が残ります。

▼鶴岡禅燈寺前の停留所
木古内から路線バスに乗って歴史感じる日本遺産の街「江差」を目指そう!

禅燈寺も、鶴岡藩士によって建立されました。山門には北海道では珍しい一対の仁王像があります。その山門のすぐ前を廃線となった旧JR江差線線路があり、以前は踏切を通過する列車を山門の間から撮影できる人気スポットでした。

▼廃線となった旧JR江差線の線路
木古内から路線バスに乗って歴史感じる日本遺産の街「江差」を目指そう!

また、旧JR江差線の神明駅そばに「神明(しんめい)」という停留所があります。

▼神明の停留所
木古内から路線バスに乗って歴史感じる日本遺産の街「江差」を目指そう!

2018年5月までは駅のホームやレールも残されていました。数ある停留所の中で、もっとも鉄路の名残りを感じられるのが、神明だと言われています。

▼最初に下車するのは、湯ノ岱
木古内から路線バスに乗って歴史感じる日本遺産の街「江差」を目指そう!

木古内から最初の目的地である湯ノ岱まで、約50分ほどで到着しました。ここで向かったのは、湯ノ岱温泉「上ノ国町 国民温泉保養センター」です。

▼上ノ国町 国民温泉保養センター
木古内から路線バスに乗って歴史感じる日本遺産の街「江差」を目指そう!

湯ノ岱温泉は、この保養センターのみ。香菜美さんと美穂さん、さっそく湯浴みを楽しみます。

▼窓から見える緑に癒されながら入浴
木古内から路線バスに乗って歴史感じる日本遺産の街「江差」を目指そう!

湯ノ岱温泉は、珍しい炭酸泉。腰痛に効くと言われ、美肌効果もあるということです。

▼写真では分かりづらいが少し白濁したお湯
木古内から路線バスに乗って歴史感じる日本遺産の街「江差」を目指そう!

浴場には35℃、38℃、42℃の浴槽があり、長湯をしたい人や熱いお湯に入りたい人など、好みによって選べるのがうれしいポイントです。

▼心も身体もほぐれていく
木古内から路線バスに乗って歴史感じる日本遺産の街「江差」を目指そう!

木古内から路線バスに乗って歴史感じる日本遺産の街「江差」を目指そう!

上ノ国町 国民温泉保養センター
所在地:北海道檜山郡上ノ国町字湯ノ岱517-5(湯ノ岱停留所から徒歩約10分)
電話:0139-56-3147
営業時間:5月1日~10月31日10時00分~21時00分、11月1日~4月30日10時00分~20時00分
定休日:毎月第3月曜日、年末年始(12月31日から1月2日まで)
入浴料:大人350円、12歳未満100円

ちなみに上ノ国町には、世界的にも貴重な天然鉱物で、日本で唯一上ノ国町で産出しているブラックシリカがあります。

筆者について

石簾マサ

石簾マサ

すべてのしがらみを捨て札幌で永住するぞ……と移住してきた50代のおっさんライター。札幌楽し~い。移住者が見た札幌の楽しさ・良さを伝えていければ……と思っております。【編集部専属ライター】