旅する

函館のくびれ!「1キロ通」を歩いて函館最短横断に挑戦してみよう!

佐々木康弘
Written by 佐々木康弘

函館と言えば、函館山からの夜景写真などでよく目にするキュっとくびれた地形でおなじみ。実は、函館の最もくびれた部分は幅約1kmしかないので、少しの時間と体力さえあれば函館の東西横断を達成できます。

そこで今回は、その名も「1キロ通」を歩いて最短の函館横断に挑戦してみました。

函館のくびれ!「1キロ通」を歩いて函館最短横断に挑戦してみよう!

「1キロ通」は、函館市水産物地方卸売市場(通称 魚市場)と栄町を結ぶ市道の名称。今回は金森赤レンガ倉庫などの観光スポットにも近い、函館市水産物地方卸売市場側からスタートすることにしました。

▼函館市水産物地方卸売市場
函館のくびれ!「1キロ通」を歩いて函館最短横断に挑戦してみよう!

ここは、近海から水揚げされた魚介類が集まり、競りにかけられる場所。函館朝市で食べる海鮮丼の具材も、居酒屋でいただくお刺身やホッケの開きも、元をたどればここを経由していることが少なくありません。

事前に申し込むと競りを見学できる場合があるほか、場内の食堂は部外者でも利用できますが、それ以外は基本的に関係者以外立ち入り禁止となっています。建物にふさがれて海(函館湾)が見えないのは残念ですが、建物のすぐ裏から吹いてくる潮風で海の気配を感じながら1キロの旅をスタートしましょう。

(1) スタート地点

函館のくびれ!「1キロ通」を歩いて函館最短横断に挑戦してみよう!

(2)『PとJK』ロケ地

函館のくびれ!「1キロ通」を歩いて函館最短横断に挑戦してみよう!

最初の信号の手前右側に、コンクリート造りの巨大な倉庫があります。実はここ、映画『PとJK』で土屋太鳳さん演じる歌子が不良たちにからまれてケガをしたシーンのロケ地。倉庫と倉庫の間のごく普通の通りが、劇中では不良たちのたまり場として登場しました。

(3) はこだてビール

函館のくびれ!「1キロ通」を歩いて函館最短横断に挑戦してみよう!

スタートしてすぐに一休み。地ビールレストラン「はこだてビール」に寄り道してみます。地ビールに漬け込んだ「社長のよく食べるジンギスカン」に、ブルーキュラソーのさわやかな青色が夏にふさわしいビアカクテルをオーダー。

函館のくびれ!「1キロ通」を歩いて函館最短横断に挑戦してみよう!

ここでしか食べられない「はこだてビール味のソフトクリーム」も見逃せません。このソフトクリームは、アルコールが入っているため未成年者は食べられないという本格的な一品。意外にもビールくささはなく、焼きたてパンのような香ばしさが感じられます。

(4) 大漁旗の絵付けを見学「加賀谷旗店」

函館のくびれ!「1キロ通」を歩いて函館最短横断に挑戦してみよう!

1キロ通と交差する通りを少し進むと、下見板張りの外観がひときわ目を引く「加賀谷旗店」が見えてきます。ここは、道内でも数少ない染物屋の老舗。1897(明治30)年に創業し、大漁旗やのぼり、のれんなどをすべて手作業で作り続けています。お店に声を掛けると、快く作業風景を見学させてくれました。

函館のくびれ!「1キロ通」を歩いて函館最短横断に挑戦してみよう!

この日は、色を付けたくない部分に「真糊」を乗せていく作業中。真糊はでんぷんと米ぬかから作られていて、染めた後に水で洗い流すとその部分だけが染まらずに白く残ります。ちなみに、大漁旗は個人でもオーダー可能。近年はインテリアやプレゼント用として注文する人も少なくないそうです。

筆者について

佐々木康弘

佐々木康弘

札幌市北区新琴似出身。30歳で函館に移住してからふとしたきっかけでライターの道へ進み、旅行情報誌やネット媒体などを中心に年間70万字以上を執筆。道南地域で毎年100本以上のイベントに足を運ぶイベントウオッチャーとしても活動。【Sクラス認定ライター】