旅する

釧路湿原を見るならどこがよい?! 釧路湿原周囲のビュースポット5選

編集部
Written by 編集部

釧路湿原は、釧路市の北側にある日本最大の湿原です。1987年に国立公園として認定され「釧路湿原国立公園」となりました。東西最大幅25km、南北最大幅36km、面積22,070haと広大な敷地は、手つかずの自然の宝庫。死ぬまでにいちどは行っておきたい観光地だと言われています。あまりの広さに、観光の際には公園のどこからどのように回ったらよいのだろうと悩んでしまう方も多いことでしょう。

そこで編集部では、釧路湿原で有名な5か所の展望台を訪れてみました。たどったのはJR釧路駅を出発して湿原の東側から西側ぐるっと回るというコースです。是非参考にしてください。

釧路湿原を見るならどこがよい?! 釧路湿原周囲のビュースポット5選

▼JR釧路駅から出発
釧路湿原を見るならどこがよい?! 釧路湿原周囲のビュースポット5選

(1)細岡展望台(釧路町)

釧路湿原を見るならどこがよい?! 釧路湿原周囲のビュースポット5選

最初に向かったのは釧路湿原の東部にある細岡展望台です。 JR釧路駅からは、距離にして25kmぐらい、40分弱で到着しました。

展望台のすぐそばに駐車場があるので、あまり歩くことなく展望台に行くことができます。展望台からは広大な釧路湿原を見ることができ、その中を大きく蛇行しながら流れる釧路川を見ることもできます。

▼大きく蛇行しながら流れる釧路川
釧路湿原を見るならどこがよい?! 釧路湿原周囲のビュースポット5選

細岡展望台に向かう途中では、JR釧網本線の細岡駅の前を通りますので、時間があるようなら立ち寄ってみてはいかがでしょうか? JR釧網本線は、東釧路駅から網走駅までを結ぶ列車で、1日5往復ほど(区間によって本数が違う)運行されているので、タイミングがよければ列車を見ることもできます。

▼細岡駅
釧路湿原を見るならどこがよい?! 釧路湿原周囲のビュースポット5選

細岡展望台の駐車場から歩いて行けるのが釧路湿原駅です。先に書いた細岡駅の隣の駅で、細岡展望台に向かう途中の道で看板を見かけますが、そちらから行くと駐車場がないため、見学されるなら細岡展望台の駐車場から歩いて行った方がよいでしょう。

▼釧路湿原駅
釧路湿原を見るならどこがよい?! 釧路湿原周囲のビュースポット5選

(2)夢が丘展望台(釧路町)

夢が丘展望台は、達古武(たっこぶ)オートキャンプ場の駐車場を利用します。達古武オートキャンプ場は、達古武湖畔にあるキャンプ場です。 細岡展望台から達古武オートキャンプ場までは約10km、20分ほどで到着しました。

▼達古武オートキャンプ場
釧路湿原を見るならどこがよい?! 釧路湿原周囲のビュースポット5選

▼達古武湖
釧路湿原を見るならどこがよい?! 釧路湿原周囲のビュースポット5選

夢が丘展望台は、駐車場から案内板をたよりに約2.3kmの山道を歩いて行く展望台らしいのですが、実は行けませんでした。なんでも熊が出たそうで通行止めになっていたのです。ガイドブックなどを見ると「往復2時間ぐらい歩く山道はけっこうきついが最高にすばらしい景観」とのこと。訪れて通行止めが解除されていたらぜひ行ってみてください。また、もし行けなかったとしても、達古武湖を見たり、湖畔の散歩ができます。

▼熊が出たそうで通行止めだった山道
釧路湿原を見るならどこがよい?! 釧路湿原周囲のビュースポット5選

(3)サルボ展望台・サルルン展望台(標茶町)

サルボ展望台は、国道391号線沿い、塘路湖(とうろこ)の北側にあります。 達古武オートキャンプ場から11kmほど、約15分で到着しました。注意することは、駐車場がかなり分かりづらいこと。筆者はいちど通り過ぎてしまいました。

▼サルボ展望台には、このような山道を登っていく
釧路湿原を見るならどこがよい?! 釧路湿原周囲のビュースポット5選

展望台に行くには駐車場から山道を登っていきます。けっこうきつい山道を20分ほど登りますので、革靴やハイヒールなどでは行くのはむずかしいでしょう。

▼山道を20分ぐらい歩くと到着する展望台
釧路湿原を見るならどこがよい?! 釧路湿原周囲のビュースポット5選

サルボ展望台からは、釧路湿原の中でいちばん大きな海跡湖『塘路湖』を見ることができます。かなり高いところまで登るので絶景が楽しめます。

▼サルボ展望台からの絶景
釧路湿原を見るならどこがよい?! 釧路湿原周囲のビュースポット5選

サルルン展望台は、サルボ展望台からさらに歩いて30分ぐらいの場所にあります。ここは、サルボ展望台よりも視界が広く、塘路湖と周辺の4つの沼(サルルントー、ポントー、エオルトー、マクントー)を見ることができるそうです。……というのは、道がぬかるんでいて筆者の靴ではその先はちょっと厳しかったので、今回は行けませんでした。

▼サルルン展望台からの景観(写真提供:標茶町)
釧路湿原を見るならどこがよい?! 釧路湿原周囲のビュースポット5選

筆者について

編集部

編集部

北海道ファンマガジン編集部。編集部スタッフが取材執筆した記事や、名前を出さないライターの記事、寄稿記事の掲載の際にもこのアカウントが使われます。