知床半島の観光スポットをくまなく・">
 知床半島の観光スポットをくまなく・">知床半島をめぐろう!プラン – 北海道ファンマガジン [ファンマガ]
旅する

知床半島をめぐろう!プラン


 知床半島の観光スポットをくまなく・じっくり巡ると、1日では終われません。特に自然散策路をたっぷり堪能すると、それだけで1日の大半を終えてしまいます。ここでは、じっくり自然を満喫するコースと、知床の観光スポットをたくさん巡るコースの2つを紹介します。

知床"お急ぎプラン"

 別に急いでいなくてもいいのですが、知床の観光地要所要所をめぐっていくプランです。著者は半日で回ることができましたが、しかし、昼食や休憩なども考えると、1日がかりと考えてよいでしょう。

 訪れる観光地は代表的な観光地、知床八景および知床羅臼八景プラスアルファになります。ただし、時間的制約の生じるカムイワッカ湯の滝、時間のかかる羅臼湖、熊越の滝、および標津町寄りの峯浜パーキングは含まれておりません。斜里町ウトロ側の温泉街から羅臼町へ向かっていくルートになります。プランではウトロに戻る設定になっていますが、そのあたりは予定に合わせてよいところです。

 観光シーズンでは、日中は混雑することが多いため、早朝に出発するのが秘訣です。なお、国道334号線の知床横断道路は、冬季完全閉鎖、春は夜間閉鎖がありますので、このあたりもプランに反映させる必要が生じます。

6:00 オロンコ岩(頂上へ登りましょう)・ゴジラ岩
7:00 夕陽台
7:30 プユニ岬
7:45 知床自然センター駐車場に駐車
8:15 フレペの滝
9:00 知床自然センター発
9:15 知床五湖駐車場に駐車し、無料の一湖高架木道を歩きます
10:30 知床五湖発
11:15 知床峠
11:30 知床峠発
12:00 道の駅知床らうすにて昼食でも
13:00 発
13:15 羅臼国後展望塔
13:45 しおかぜ公園
14:15 マッカウス洞窟
14:45 クジラの見える丘公園、その後、熊岩、天狗岩経由
15:30 セセキの滝
16:00 相泊の突き当たりまで行ってみる
16:45 羅臼通過(羅臼熊の湯で露天風呂というのもいいでしょう)
18:00 ウトロ着

知床岬へ行こうプラン

 知床ウトロ側の自然を中心に堪能するコースです。たくさんのスポットを回れませんが、知床の自然を見たり触れ合うことができます。知床観光船知床岬航路は10:00ですので、それまでの時間をどれだけ有効に使うかがポイントです。知床五湖は混雑するので早朝に行っておきましょう。

5:30 ウトロ発
5:45 プユニ岬
6:00 知床自然センター駐車、フレペの滝周辺散策路
7:15 発
7:30 知床五湖(駐車場オープン時間です)
8:45 発
9:15 オロンコ岩奥の知床観光船駐車場、乗船手続き15分前まで
10:00 知床観光船知床岬航路出港(知床岬航路は6~9月、1日1便だけです)
14:00 ウトロで昼食でも
15:00 ウトロ発
15:45 知床峠
16:00 発
16:45 マッカウス洞窟
17:15 羅臼着

筆者について

編集部

編集部

北海道ファンマガジン編集部。編集部スタッフが取材執筆した記事や、名前を出さないライターの記事、寄稿記事の掲載の際にもこのアカウントが使われます。