旅する

銭函のディープな撮影スポットを求めて。カメラ女子が行く銭函さんぽ

小樽と札幌のちょうど真ん中に位置する、海沿いの街「銭函」。 海水浴場のイメージしかないこの街が、ディープな撮影スポットを求めるカメラ女子を中心にジワジワきているとの噂を聞きつけたので、そのワケを取材してきました。

札幌からも小樽からもアクセス抜群の銭函

日本海に面した小樽の端っこ銭函は、小樽からも札幌からも電車で約20分とアクセス抜群。都市部に近いのに自然が豊かとあって移住者も急増中なんだとか。

▼JR函館本線 銭函駅
銭函のディープな撮影スポットを求めて。カメラ女子が行く銭函さんぽ

そんな街の玄関口である銭函駅は、1931(昭和6)年に建てられた木造駅舎。駅舎の屋根は「ギャンブレル屋根」という形で、雪が勝手に滑り落ちる角度に設計されています。牧場などでよく見ますよね。

駅を出て線路沿いに小樽方面に歩くと、激しくさびれた漁師の番屋が見えてきます。

▼漁師の番屋が並ぶ
銭函のディープな撮影スポットを求めて。カメラ女子が行く銭函さんぽ

▼線路がすぐそばに
銭函のディープな撮影スポットを求めて。カメラ女子が行く銭函さんぽ

この線路沿いの道は山肌を縫うように走ってくる電車を間近から撮影できる、隠れた人気のスポット。フェンスなどは無いので、事故には十分気をつけて下さいね。海には珍しいボール型の消波ブロックもゴロゴロしているので、探してみてください。

知る人ぞ知るポトフ専門店「ムラタポトフー」でランチ

写真と散歩を楽しんだら、次はランチ!

小樽と言えばお寿司ですが、旅慣れているカメラ女子にオススメしたいのは、知る人ぞ知るポトフ専門店「ムラタポトフー」さんです。銭函駅から徒歩17分ですが、平坦な道なので冬でも歩いて行けますよ。

▼ムラタポトフー
銭函のディープな撮影スポットを求めて。カメラ女子が行く銭函さんぽ

銭函のディープな撮影スポットを求めて。カメラ女子が行く銭函さんぽ

道産食材をぜいたくに使い、北海道感がギュッと凝縮された深いお味のポトフは、「野菜スープにコンソメ入れたやつ」というイメージが一瞬で崩壊するほど衝撃的なおいしさ。夏には冷製ポトフもあるそうなので、季節を問わずに楽しめますね。

ムラタポトフー
所在地:北海道小樽市銭函3丁目23-23
TEL:0134-61-3338
営業時間:ランチ11時30分~15時、ディナー17時~21時
定休日:月曜、 第3火曜
駐車場:有

御前水宮

ほっこりした後は、銭函の山側へ。工場の間を抜け、ゆるい坂をのぼっていくと御前水交差点が見えてきます。そのすぐ先には、明治天皇がここの水を飲んだと噂の御前水宮が。

銭函のディープな撮影スポットを求めて。カメラ女子が行く銭函さんぽ

実際に水を飲んだのは有栖川宮なのですが、誰かが勘違いして看板を立てたそう。今は飲用には適していないので、飲まない方が身のためです。

セレクトショップ「土の音」でかごバッグ選び!

そこから小樽方面に歩くとすぐに右手に、ログハウスメーカー「トベックス」さんの巨大なゲートが。その横の沼地にかけられた良い感じの橋を渡ると、数件のログハウスとツリーハウスが現われます。

銭函のディープな撮影スポットを求めて。カメラ女子が行く銭函さんぽ

銭函のディープな撮影スポットを求めて。カメラ女子が行く銭函さんぽ

その一角にあるのは、かごバッグと陶器のセレクトショップ「土の音」さん。山ぶどうやクルミ素材のかごバッグは、全然型崩れしないと本州から来るファンも多いのだとか。

銭函のディープな撮影スポットを求めて。カメラ女子が行く銭函さんぽ

銭函のディープな撮影スポットを求めて。カメラ女子が行く銭函さんぽ

夏のイメージが強いかごバッグですが、雪に当たってもストーブの前に置けばすぐ乾くので、冬でも余裕で使えるそうです。スカーフなどでアレンジすればどんなファッションにも合うため、母娘でシェアしても良いかも。こんな自然素材のバッグを持っていたら、より北海道っぽい写真が撮れそうですよね。

土の音
所在地:北海道小樽市銭函2丁目30-3
TEL:090-1887-4186
営業時間:11時~17時 
定休日:月~水曜、冬季休業(1・2月)
駐車場:有
ウェブサイト

筆者について

wimo

wimo

室蘭出身のライター兼、自然と体に優しい暮らし方デザイナー。ウェブサイトやイベントを通じて、誰にでも出来るナチュラルなライフスタイルを広めています。