さっぽろテレビ塔、函館夜景、北海道庁旧本庁舎、豊平館">
 さっぽろテレビ塔、函館夜景、北海道庁旧本庁舎、豊平館">道民なら感動倍増!レゴでできたテレビ塔・地下鉄南北線 – 北海道ファンマガジン
トピックス

道民なら感動倍増!レゴでできたテレビ塔・地下鉄南北線

編集部
Written by 編集部

 さっぽろテレビ塔、函館夜景、北海道庁旧本庁舎、豊平館、札幌市営地下鉄南北線、津軽海峡フェリーばあゆ、DMV……。これらがすべて、あのレゴブロックで作られていたとしたら……。そんな道民の心をくすぐるイベントが「北翔クロテック月寒ドーム」(札幌市豊平区)で開催され、家族連れなど多くの人でにぎわっています。

道民なら感動倍増!レゴでできたテレビ塔・地下鉄南北線  「レゴブロックワールドSAPPORO」は、北海道文化放送(uhb)開局40周年を記念したイベント。プレイゾーンやアトラクションゾーンなど子供が楽しめるエリアがあるのはもちろんですが、道民なら誰もが楽しめるイベントになりました。

 中でも、クリエーターがレゴブロックで道内の名所を再現したエリアは道民必見。まず目を引くのが、高くそびえる「さっぽろテレビ塔」(札幌市)。赤い鉄塔に緑色の展望エリアまで、細かいところまでそっくり。時刻が表示される場所には「2012」の数字が。

 その横には「函館夜景」(函館市)。函館山の微妙な起伏や展望台、五稜郭タワーなど、函館の街をとことん表現しています。夜景なので、随所で明かりがともるように仕掛けがあります。

 「北海道庁旧本庁舎」(札幌市)は、赤いブロックで赤レンガを表現。「豊平館」(札幌市)も、特徴である鮮やかな水色も、正面中央部のバルコニーも忠実に再現しています。

 乗り物で言うと、「札幌市営地下鉄南北線」の駅と車両が圧巻。レゴブロックでここまでできるのかという出来栄えです。「津軽海峡フェリー」の「ばあゆ」に至っては、人や車も乗っていて、乗船口がリモコンで開閉するというこだわりです。

 道内で見かける除雪ロータリー、トラクター、北海道中央バス、JRバス、線路も走れるマイクロバス「DMV」、自衛隊車両も小さいながら良くできています。コンサドーレ札幌のドーレくん、北海道日本ハムファイターズのBBといったキャラクターもレゴブロックで作ってしまっています。

道民なら感動倍増!レゴでできたテレビ塔・地下鉄南北線 道民なら感動倍増!レゴでできたテレビ塔・地下鉄南北線 道民なら感動倍増!レゴでできたテレビ塔・地下鉄南北線 道民なら感動倍増!レゴでできたテレビ塔・地下鉄南北線 道民なら感動倍増!レゴでできたテレビ塔・地下鉄南北線 道民なら感動倍増!レゴでできたテレビ塔・地下鉄南北線 道民なら感動倍増!レゴでできたテレビ塔・地下鉄南北線 道民なら感動倍増!レゴでできたテレビ塔・地下鉄南北線

 というわけで、北海道に関係したエリアだけ紹介しましたが、これはほんの一部です。レゴブロックで作った水族館、メカニック、トイストーリーやスターウォーズコーナー、中央部には白いレゴブロックだけで作られた「ホワイトワールド」があり、レゴブロックの歴史を垣間見ることができたりと、レゴブロックが好きな人にはたまらない空間であること間違いなしです。


 「レゴブロックワールドSAPPORO」は、2012年1月6日~15日までの9:00~16:30、札幌市豊平区「北翔クロテック月寒ドーム」にて開催中。当日チケットは大人1000円、子供700円。土日祝日は大変混雑していますので、平日もオススメです。先着5万名様にはレゴブロック2x4ストラップが当たりますよ。その他の写真アルバムはこちら、詳細はUHBイベントページをご確認ください。

AirBookmark

筆者について

編集部

編集部

北海道ファンマガジン編集部。編集部スタッフが取材執筆した記事や、名前を出さないライターの記事、寄稿記事の掲載の際にもこのアカウントが使われます。