学ぶ

100周年を迎える札幌市大通公園

編集部
Written by 編集部

100周年を迎える札幌市大通公園

 2011年、札幌市中央区の大通公園は本格整備から100周年を迎えます。札幌市では、100周年記念事業を計画し、ロゴマークとキャッチフレーズを公表しました。市民の憩いの場として、また、雪まつりやその他イベント会場として活用されてきた大通公園の歴史に迫ります。

 大通公園は、札幌市中央区にある細長い公園。条丁目の東西の基軸は創成川ですが、南北の基軸は後志通、位置は微妙に異なりますが現在の大通公園でした。1869年に北海道開拓使が町づくりを開始した際、大通公園を境に、北側を道庁など官庁エリア、南側を商業エリアとする碁盤の目状の区画で整備していきました。現在もその名残が見られます。

 大通公園は良く言われるように火防線として作られ、明治時代に実際に火災があった際にその効果は実証されてきました。用地整備は1871年に行われ、幅105mとしましたが、結局用地の活用法はあまりなく、ゴミ捨て場や雪捨て場としても利用されました。一方で、1876年にはお雇い外国人ルイスベーマー氏により花壇が造成され、現在の花壇整備の基礎を築きました。

 「大通」という名称が正式に採用されたのは、1881年の札幌市街名称改正で条丁目が導入された時でした。本格的に公園の整備を行うことにしたのは1908年のこと。1909年に着工し、1911年に「大通逍遙地」として竣工しました。植栽設計したのは、日本人初の公園デザイナーとして知られる造園家・長岡安平(ながおかやすへい)氏で、中島公園も手掛けた人物です。

 戦時中や戦後は姿が変わりました。戦時下には芋畑として使われ、戦後には進駐軍による球場・テニスコートや、民営の運動場が作られました。すべての用地が返還されたのは1950年のことで、その後、公園の造園整備が再び行われるようになっていきます。戦後には、大通公園を円山方向まで延伸する構想もありましたが、札幌の発展に伴い頓挫しています。

100周年を迎える札幌市大通公園

大通公園の概要

 1丁目から12丁目までがその範囲になります。面積は約7.9ヘクタール。原則として、一区画は幅65m、道路を含んで105m、長さ110mほど、東西にわたり全長1.5kmにもなります。都市公園としての告示は1980年6月6日付です。

 現在のNHKの敷地がせり出していたため、1丁目は幅が狭まっていました。せり出した場所には豊平館があり、現在は中島公園に移築されています。1丁目には1957年にテレビ塔が建築されましたが、正式にはテレビ塔のある部分は大通公園ではなく、1丁目の西側からが大通公園とされています。

 2丁目には、かつて札幌逓信局や郵便局の敷地があり、他の丁目より狭かったようです。現在は1973年建立の「北海道電話交換創始の地碑」が建てられています。3丁目・4丁目は昔から駅前通りということもあって人通りが多いエリアです。戦後は3丁目に進駐軍の教会、4丁目には野球場が置かれた時があります。現在は「石川啄木歌碑」や「吉井勇歌碑」、「泉の像」があります。

 5丁目には「聖恩碑」、6丁目には屋外ステージ、「開拓記念碑」、7丁目には「集団帰国記念碑」が置かれています。5丁目は運動会場やテニスコート、6丁目にはテニスコートやバスケットのコート、7丁目には野球場が置かれたことがあります。

100周年を迎える札幌市大通公園

 8丁目と9丁目は唯一例外的に、間に道路がないくっついたエリアです。なぜ道路がないのかというと、イサム・ノグチ作の滑り台「ブラック・スライドマントラ」のため。もともと道路がありましたが、1988年以降設置する彫刻のため、公園をつなぎ、道路が廃止されることになりました。

 9丁目には「有島武郎文学碑」、10丁目には「黒田清隆之像」「ケプロン之像」、11丁目にはミュンヘン姉妹都市提携記念「マイバウム」があります。10丁目にはかつて琴似・山鼻地区の屯田兵第一大隊本部が置かれており、以西はつながった敷地でした。現在、12丁目はバラ園「サンク・ガーデン」です。公園外ではありますが、13丁目には「札幌市資料館」があります。

 以上1~12丁目が公園区画ですが、それぞれ5つのゾーンに分かれます。1・2丁目は国際交流ゾーン「交流」、3~5丁目は水と光のゾーン「オアシス」、6~9丁目は遊びやイベントゾーン「つどい」、10・11丁目は歴史と文化ゾーン「フロンティア」、12丁目と公園外の13丁目は水路を配置したサンクガーデンゾーン「花」と設定されています。

 公園内は緑豊かです。5月上旬に桜、5月下旬頃にはライラック(リラ)、夏季にはサンクガーデンを中心にバラが見られます。その他、よく手入れの行き届いた花壇があります。このように、都市部にある緑豊かな公園、大通公園はこれまで多数の百選に選ばれてきました。「日本の道百選」(1986年)、「さっぽろ・ふるさと文化百選」(1988年)、「日本の都市公園百選」(1989年)、「都市景観百選」(1991年)等です。

大通公園本格整備100周年記念

100周年を迎える札幌市大通公園  2011年に大通公園が本格整備されてから100周年を迎えるに当たり、札幌市はロゴマークとキャッチフレーズを発表しました。ロゴマークはさっぽろテレビ塔から西を見たときの大通公園を表現し、それぞれの色は春夏秋冬を表します。紫は春のライラック、緑は夏の生い茂る木々、オレンジは秋の紅葉、水色は雪景色の冬です。

 キャッチフレーズは「みどりを、みらいへ。」愛されている大通公園・札幌のみどりを、これからも大切にし、次世代に引き継いでいこうという思いを込めたものとなっています。今回は、札幌の歴史を見つめてきた大通公園、その100年の歴史を振り返ってみました。

AirBookmark

筆者について

編集部

編集部

北海道ファンマガジン編集部。編集部スタッフが取材執筆した記事や、名前を出さないライターの記事、寄稿記事の掲載の際にもこのアカウントが使われます。