今回は、札幌市豊平区、国道36号線沿いにある、こだ">
今回は、札幌市豊平区、国道36号線沿いにある、こだ">こだわりのドーナツ屋「DOKODA」 – 北海道ファンマガジン
味わう

こだわりのドーナツ屋「DOKODA」

編集部
Written by 編集部

今回は、札幌市豊平区、国道36号線沿いにある、こだわりの手作りドーナツを提供するドーナツ屋「DOKODA」さんにお邪魔しました。そのおいしさの秘密とは?店長にもお聞きしながら、DOKODAさんを徹底紹介。寺地ユイさんがリポートしてきてくれました。

リポーター映像を見る[HDサイズ]

お店の紹介

こだわりのドーナツ屋「DOKODA」

こだわりのドーナツ屋「DOKODA」 こだわりのドーナツ屋「DOKODA」 こだわりのドーナツ屋「DOKODA」 こだわりのドーナツ屋「DOKODA」

こだわりのドーナツ屋「DOKODA」
こだわりのドーナツ屋「DOKODA」
こだわりのドーナツ屋「DOKODA」
 国道36号線沿い、豊平3-8バス停前にドーナツ屋「DOKODA(ドコダ)」さん。小さい店舗ですが、店内は小物が飾ってあり、可愛くオシャレに装飾されていて居心地の良い空間です。店内でも召し上がることができ、座席数は14席。2011年4月にオープンしました。

 こちらのドーナツ店のこだわりは、自然のままに、ありのままに。オーガニック素材使用の手作りドーナツなのです。10種類以上を提供していますが、大きく分けて3種類。

 1つ目は店舗名でもある「DOKODA」。素材の味を生かした天然酵母ドーナツです。「平飼有精卵、発酵バター、小麦粉はイタリア産オーガニックテネーロ粉、油は酸化の少ないグレープシードオイル」を使用しているとか。プレーンのほか、きなこや赤しそ味があります。

 2つ目は「焼きDOKODA」。油で揚げないドーナツなので、ヘルシーでもっちりしているのが特徴です。これには、レーズンや黒ゴマ、白ゴマといった種類があります。

 3つ目は「COCODA」。ココナッツの濃厚な甘み、サクサク感を楽しめるのがこれです。卵や牛乳など動物性原料を使用していないドーナツです。プレーンのほか、チョコダ、キャラメルココダなどを提供しています。

 今回リポートでは、DOKODAとCOCODAをご紹介しました。リポート映像から、そのドーナツのおいしさを感じ取っていただければ幸いです。また、店長の渡辺さんにも、オープンのいきさつやこだわりについてお話を伺いました。是非ご覧ください。

こだわりのドーナツ屋「DOKODA」
こだわりのドーナツ屋「DOKODA」 こだわりのドーナツ屋「DOKODA」 こだわりのドーナツ屋「DOKODA」 こだわりのドーナツ屋「DOKODA」


協力:DOKODA/リポーター:寺地ユイ/撮影:PNG Office/企画:PNG Office/BGM:ROBIN・ASOBEAT・TAM

店舗情報


大きな地図で見る

名称DOKOD(ドコダ)
所在地北海道札幌市豊平区豊平4条7丁目2-2 1階
アクセス地下鉄東豊線学園前駅下車2番出口から徒歩約7分。中央バス豊平3-8バス停前
電話番号011-813-4858
営業日・時間日・祝日定休、11:00~18:00(なくなり次第終了)
メニュー DOKODA(ドコダ、アンド、きなこ、赤しそ)
焼きDOKODA(焼きドコダ、レーズン、黒ゴマ、白ゴマ)
COCODA(ココダ、チョコダ、キャラメルココダ、チョコダ、シロ)
ドリンク(コーヒー、紅茶、フルーツジュースほか)
駐車場特になし。
ホームページ公式サイト

AirBookmark

筆者について

編集部

編集部

北海道ファンマガジン編集部。編集部スタッフが取材執筆した記事や、名前を出さないライターの記事、寄稿記事の掲載の際にもこのアカウントが使われます。