旅する

秋だ!余市にフルーツ狩りに行こう!!

編集部
Written by 編集部

秋だ!余市にフルーツ狩りに行こう!!

秋の味覚の一つと言えばフルーツ。ということでフルーツ狩りに挑戦するべく、モデルのお二人、石川まゆさん、山下ゆきこさんが体験してきてくれました。道内で果物狩りと言えば余市町・仁木町を思い浮かべる方が多いはず。今回お邪魔したのは、余市町にある「あさだ園」。リンゴ、ブドウ、プルーンと様々な果物を収穫してきました!

[映像] 秋だ!余市にフルーツ狩りに行こう!


秋だ!余市にフルーツ狩りに行こう!!

秋だ!余市にフルーツ狩りに行こう!! 秋だ!余市にフルーツ狩りに行こう!! 秋だ!余市にフルーツ狩りに行こう!! 秋だ!余市にフルーツ狩りに行こう!!
秋だ!余市にフルーツ狩りに行こう!! 秋だ!余市にフルーツ狩りに行こう!! 秋だ!余市にフルーツ狩りに行こう!! 秋だ!余市にフルーツ狩りに行こう!!

秋だ!余市にフルーツ狩りに行こう!!
秋だ!余市にフルーツ狩りに行こう!!
 余市町市街地から仁木町方面へ国道5号線で車で約3分。国道沿いに果樹農園「あさだ園」はあります。恵まれた大自然の中で、夏にはサクランボ狩り、秋にはブドウ狩り、プルーンやリンゴ狩りを楽しむことができます。ブドウ・リンゴ園の下でジンギスカンなどのお食事もできますし、園内では竹馬・パークゴルフも無料で楽しめますよ。

 ブドウリンゴ狩りは9月上旬から10月下旬が旬(天候により時期がずれることがあります)。9月からはキャンベルス、ナイアガラ、旅路等のぶどう狩りを、10月からはリンゴも入園料で食べ放題になっています。種類によって旬が異なりますので注意が必要です。もぎ取ったブドウやリンゴは産直価格で持ち帰りすることができます。

 今回フルーツ狩りを体験した石川まゆさんと山下ゆきこさんも、ぶどう狩り・リンゴ狩り・プルーン狩りに挑戦しました。甘いブドウ、みずみずしいリンゴをその場でいただきましたよ。新鮮でおいしいフルーツに感激しっぱなしのお二人、その模様のダイジェストは映像でお楽しみください!

あさだ園

秋だ!余市にフルーツ狩りに行こう!! 住所:余市町黒川町1299番地
TEL/FAX:(0135)23-3860
ブドウ・リンゴ狩り:9月上旬~10月下旬(天候等により時期がずれることがあります)
入園料:大人600円・小学生500円・幼児無料
公式サイトはこちら
アクセス:余市市街地から国道5号線で仁木方面へ約3分、仁木町との境界線直前右手
駐車場:無料約50台完備

くだもの狩り、直売所では旬のくだもの・野菜・自家栽培米・自家製梅漬の販売。名物「かあちゃんの梅漬」は、ここで収穫された「豊後梅」をシソと食塩だけで風味を損なうことなく漬け込んだもの(1050円)。田植え体験学習・もちつき等イベント相談承ります。ブドウ・リンゴ園の下でジンギスカンなどお食事可能です。持ち込み自由です。ビニールハウス完備なので雨天でもぶどう狩りを楽しめます。

ここもオススメ!「農村公園フルーツパークにき」

秋だ!余市にフルーツ狩りに行こう!! 住所:仁木町東町16-121
TEL/FAX:(0135)32-3500
営業時間:夏季9:00~18:00
アクセス:国道5号線の東側を並行して走るフルーツ街道沿い、仁木町市街地から車で5分
駐車場:無料約130台完備
詳細はこちら

秋だ!余市にフルーツ狩りに行こう!!

 その後はランチタイム。ということで、すぐ近くにある日本清酒のワイン工場「余市ワイナリー」内に2011年8月にオープンした人気レストラン「エスペリオ」で、おすすめの石窯焼きピザをいただきました。興部町の健康な牛たちから生まれたチーズ等乳製品・肉製品を使ってこだわりの料理を提供しています。

ノースプレインファーム「エスペリオ余市店」

秋だ!余市にフルーツ狩りに行こう!! 住所:余市町黒川町1318番地「余市ワイナリー」内
TEL/FAX:(0135)23-2205
営業時間:夏期間不定休10:00~20:00
公式サイトはこちら
アクセス:国道5号線あさだ園向かいの交差点を曲がり直進
駐車場:無料完備



今回は、余市町と仁木町というフルーツで有名な二つの街をたっぷり堪能しました。この秋は是非、フルーツ狩りに行かれてはいかがでしょうか?

道産くだものサポーターズクラブ会員募集中!

北海道からのお知らせです。北の大地の果物と農家を応援してください!北海道には美味しい果物があります。そして北の大地で頑張る果樹農家たちがいます。
「道産くだものサポーターズクラブ」では、道内各地の果樹農園が企画するご優待サービス情報、くだものを利用した加工品、農家レストラン、ワイナリーの情報などを発信してきます。また、直売イベント情報などもお伝えいたします。特典クーポンもありますので是非ご入会ください!詳細はこちら

筆者について

編集部

編集部

北海道ファンマガジン編集部。編集部スタッフが取材執筆した記事や、名前を出さないライターの記事、寄稿記事の掲載の際にもこのアカウントが使われます。