今回は、札幌市西区宮の沢に2011年6月">
今回は、札幌市西区宮の沢に2011年6月">北海道産食材にこだわる「プリンカフェ北のうさぎ」 – 北海道ファンマガジン
味わう

北海道産食材にこだわる「プリンカフェ北のうさぎ」

編集部
Written by 編集部

今回は、札幌市西区宮の沢に2011年6月11日オープンしたプリン販売とカフェのお店「プリンカフェ北のうさぎ」さん。北海道産食材を使った贅沢なプリンをお楽しみにいただけます。寺地ユイさんがリポートしてきてくれました。

リポーター映像を見る[HDサイズ]

お店の紹介

北海道産食材にこだわる「プリンカフェ北のうさぎ」

北海道産食材にこだわる「プリンカフェ北のうさぎ」 北海道産食材にこだわる「プリンカフェ北のうさぎ」 北海道産食材にこだわる「プリンカフェ北のうさぎ」 北海道産食材にこだわる「プリンカフェ北のうさぎ」

北海道産食材にこだわる「プリンカフェ北のうさぎ」
北海道産食材にこだわる「プリンカフェ北のうさぎ」
 国道5号線沿いの宮の沢2条4丁目にあるプリンカフェ「北のうさぎ」。駐車場が完備され、地下鉄東西線宮の沢駅からも12分ほどで行くことができます。

 白を基調としたプリンカフェ北のうさぎさんでは、こだわりのプリンをテイクアウトで販売するほか、カフェとしても利用でき、ランチにパスタと一緒にプリンを、という楽しみ方も可能です。プリンはお店のホームページで通信販売も行っており、道外の方や遠方の方もおいしいプリンを楽しめます。雑貨やポストカードなどの販売も行っており、店内に展示販売されております。

※モデルや俳優、タレント、ミュージシャンなど様々なアーティストを募集していたり、カフェ店内で様々なイベントも開催されています。

北海道産食材にこだわる「プリンカフェ北のうさぎ」

北海道産食材にこだわる「プリンカフェ北のうさぎ」 北海道産食材にこだわる「プリンカフェ北のうさぎ」 北海道産食材にこだわる「プリンカフェ北のうさぎ」 北海道産食材にこだわる「プリンカフェ北のうさぎ」
北海道産食材にこだわる「プリンカフェ北のうさぎ」 北海道産食材にこだわる「プリンカフェ北のうさぎ」 北海道産食材にこだわる「プリンカフェ北のうさぎ」 北海道産食材にこだわる「プリンカフェ北のうさぎ」

北海道産食材にこだわる「プリンカフェ北のうさぎ」
 こちらで提供されているプリン(1個320円)は、安心を届けるべく、無添加、北海道産食材にこだわります。永光農園の卵を使用し上品で素朴な甘さを演出。さらに赤井川村の山中牧場の牛乳を使用し、濃厚な風味を実現。自然の恵みと生産者の愛情を詰め一つ一つ丁寧に蒸し上げています。

 人気ナンバーワンはカスタード。クリーミーでとろとろ、ふわふわ、濃厚なプリンです。他にもミルク、コーヒー、ロイヤルミルクティー、豆乳ゴマ、じゃがバターがあり、今回はとても気になるじゃがバターをいただいてみました。じゃがいものほくほくした食感を残した少し硬めのプリンです。北海道らしいプリンではないでしょうか。

 店内で召し上がる場合のみ、プリンに合うソースを無料サービスしています。選べるソースは5種類で、メープル、エスプレッソ、はちみつ、チョコレート、黒蜜。テイクアウトでは味わえないソースとプリンのハーモニーもお楽しみください。

北海道産食材にこだわる「プリンカフェ北のうさぎ」

北海道産食材にこだわる「プリンカフェ北のうさぎ」
 プリン単品で楽しむのも良いですが、ドリンクセット(500円)もあります。また、2011年7月18日以降、11:30~14:00のランチ時にはランチセット(980円)も提供されており、昼時には日替わりパスタとともにプリンをお楽しみいただけます。取材日には「エビのトマトクリームパスタ」をいただきました。


協力:プリンカフェ 北のうさぎ/リポーター:寺地ユイ/撮影:PNG Office/企画:PNG Office/BGM:ROBIN・ASOBEAT・TAM

店舗情報


大きな地図で見る

名称プリンカフェ 北のうさぎ
所在地北海道札幌市西区宮の沢2条4丁目1-12第3中田ビル1F
アクセス地下鉄東西線宮の沢駅下車徒歩12分
営業日・時間第2・4水曜日定休、11:00~20:00(土日祝日は10:00~)
メニュー うさぎの贅沢プリン(カスタード、コーヒー、じゃがバター、ロイヤルミルクティー、ミルク、豆乳ゴマ)
ドリンク(コーヒー・カフェラテ・紅茶・オレンジジュースほか)
チョコレートムースセット
ランチセット(日替わりパスタ+ドリンク+プリン)
・パスタ=エビのトマトクリームパスタ、ナスとしめじのミートソース、カリカリチキンパスタ
駐車場無料あり。
ホームページ公式サイト

AirBookmark

筆者について

編集部

編集部

北海道ファンマガジン編集部。編集部スタッフが取材執筆した記事や、名前を出さないライターの記事、寄稿記事の掲載の際にもこのアカウントが使われます。