2011年5月27日、札幌大通にフィットネス">
2011年5月27日、札幌大通にフィットネス">大通駅フィットネスクラブ「ライフステージ」 – 北海道ファンマガジン
旅する

大通駅フィットネスクラブ「ライフステージ」

編集部
Written by 編集部

2011年5月27日、札幌大通にフィットネスクラブ・ライフステージがオープン!JR札幌駅から徒歩5分・地下鉄大通駅から徒歩2分の札幌の中心地に立地し、「頑張らない」フィットネスをテーマに喜んで頂けるクラブづくりを目指しています。本格的「ホットヨガスタジオ」は女性に大人気。そんなライフステージさんを今回、かすがすみれさんがモニター体験してきてくれました。(2011年7月28日取材)

フィットネスクラブ「ライフステージ」とは?

大通駅フィットネスクラブ「ライフステージ」  札幌・大通駅に近い場所にあるフィットネス。こんなところにあったのかという場所に位置しています。フィットネススタジオ&トレーニングジム、ホットヨガのあるスタジオホットライフ、プールがあるアクアクラブの3つに大別されます。コンピュータシステムにより一人一人に合わせたきめ細かいサポートが行われ、トレーニングマシーンのほか、多彩なスタジオプログラムが提供されています。女性専用ホットヨガは室温38度、湿度65%にコントロールされ、大量の汗をかくこと必至。新陳代謝を促進します。トレーニングの後はサウナとバスで疲れを癒すことも可能。至れり尽くせりのフィットネスクラブ・ライフステージを是非一度ご体験ください。

フィットネス「ライフステージ」体験映像

体力測定

大通駅フィットネスクラブ「ライフステージ」 大通駅フィットネスクラブ「ライフステージ」
 自分の現在の筋肉量や、太りやすいか痩せやすいか、タンパク質やミネラルなどの栄養状態はどうか、また、女性の気になるむくみなどは起こっているかなど、細かい点をチェックできるので、これからの目標が具体的に立てやすく、とてもいいと思います。

エアロビックトレーニング

大通駅フィットネスクラブ「ライフステージ」  初めはアップライトバイクで体力がどのくらいあるかどうかを測定。その後、私はライフステージさんに来るたびにこのバイクで30分くらい運動しました。 負荷や時間を自分の好きなように設定できるので、ちょっと時間があまったときなどにも運動しやすいです。時間の経過とともに、食べ物で消費カロリーを教えてくれるのがおもしろいですね。 (ショートケーキ一個とか、お寿司一人前とか)

マシントレーニング

大通駅フィットネスクラブ「ライフステージ」  私は二の腕とお尻から太ももにかけてを鍛えるように、レッグプレス、チェストプレス、バックエクステンションなどを中心にトライしました。はじめは全然軽いなぁー、と思ってやっていましたが、何回も繰り返すと、翌日には筋肉痛に……!効いてるんだなぁー!というのが実感できるので、やる気がでてきますね!

スタジオプログラム「マッスルファイト」

大通駅フィットネスクラブ「ライフステージ」  これは私のお気に入りです!格闘技の動きを取り入れながら、結構ハードに体を動かします。最初はきつくて汗だくですが、なれるととても楽しいです!パンチやキックなど、格闘技の要素があるので、ストレス解消にもいいのではないでしょうか。気分もすっきりします!これをやった翌日は、心なしか体重が減っている気がします。

ホットヨガ「スローフロー美ヨガ」

大通駅フィットネスクラブ「ライフステージ」  60分間の結構ハードなヨガです。汗だく必至です。動きはゆっくりなのですが、本当に汗をたくさんかきます。体の中の老廃物を出すようなイメージで、ゆっくりながら、しっかり体をストレッチしていきます。ヨガのポーズをとっているうちに、体が右にまがってるなーなど、自分の体のゆがみなどもわかります。本当に体が内側から温まるので、体質改善や代謝アップにいいのではないでしょうか。 これからの時期、寒くなってきて体も痩せにくく、脂肪がたまりやすくなってきますが、ヨガで内側から温まることで、冬に負けない体を作ることができるかもしれませんね!

ホットヨガ「体質改善塾」

 こちらは自分の体の状態を改めて知っていくプログラムです。横になって、ゆっくりと体を動かしながら、体のゆがみや、その日の自分の体調、負担がかかっているところはないかなど、自分の体と対話していきます。激しい動きなどはないのですが、暖かい室内で、自分の体の状態を整えることができます!

フィットネスクラブ・ライフステージ

住所 札幌市中央区北一条西4丁目1-1三甲大通公園ビル4階
営業時間 平日10:00~23:00(土日祝日10:00~19:00)、月曜日定休
電話番号 011-252-1251
駐車場 有料70台分完備

AirBookmark

筆者について

編集部

編集部

北海道ファンマガジン編集部。編集部スタッフが取材執筆した記事や、名前を出さないライターの記事、寄稿記事の掲載の際にもこのアカウントが使われます。