今回のグルメリポートは、札幌市中央区南七条西16">
 今回のグルメリポートは、札幌市中央区南七条西16">厳選道産素材にこだわった真の感動料理「ポプラ」 – 北海道ファンマガジン
味わう

厳選道産素材にこだわった真の感動料理「ポプラ」

編集部
Written by 編集部

 今回のグルメリポートは、札幌市中央区南七条西16丁目にある「ワインとごはんのお店・ポプラ」さん。厳選した道産素材にこだわっており、本当の意味で感動する料理を提供している洋食店です。今回こちらのお店を石黒亜実さんがリポートしてきてくれました。(取材日:2012年1月30日)

 札幌市電・西線6条駅から徒歩約3分、東光ストア斜め向かいに位置する「ポプラ」さん。目立たず小さいお店ですが、リピーターになる方も多く、遠方からわざわざ来てくれる根強いファンもいるといいます。

 こちらのお店は2009年にオープンしてから2年8カ月。オーナーさん一人で切り盛りしています。店内は可愛らしく、人形や手書きのポップが置かれています。暖かい家庭的な雰囲気のお店といえます。

 提供しているメニューの数も豊富です。通常のメニューからディナーメニューまで、パスタ、オムライス、サラダなど主に洋食を取りそろえ、一品一品心をこめて作ってくださっています。

厳選道産素材にこだわった真の感動料理「ポプラ」 厳選道産素材にこだわった真の感動料理「ポプラ」 厳選道産素材にこだわった真の感動料理「ポプラ」 厳選道産素材にこだわった真の感動料理「ポプラ」 厳選道産素材にこだわった真の感動料理「ポプラ」 厳選道産素材にこだわった真の感動料理「ポプラ」 厳選道産素材にこだわった真の感動料理「ポプラ」 厳選道産素材にこだわった真の感動料理「ポプラ」 厳選道産素材にこだわった真の感動料理「ポプラ」

チキンオムカレー

厳選道産素材にこだわった真の感動料理「ポプラ」

厳選道産素材にこだわった真の感動料理「ポプラ」 厳選道産素材にこだわった真の感動料理「ポプラ」 厳選道産素材にこだわった真の感動料理「ポプラ」

 今回ご紹介するのは、オススメメニューの一つであるオムライスから、人気No1の「チキンオムカレー」です。オムライスにチキンカレーをかけたもの。バターや生クリームを使わずに仕上げていますので、よくあるバターの味は感じません。

 材料の卵にも違いがあります。普通の卵ではなく、石狩市のノーザンノーサンが生産する「イコロラン」を使用。ご飯と卵が一体になったかのような、ふわふわのオムライスを実現しました。

エビと村上チーズのサラダ仕立て

厳選道産素材にこだわった真の感動料理「ポプラ」

厳選道産素材にこだわった真の感動料理「ポプラ」 厳選道産素材にこだわった真の感動料理「ポプラ」 厳選道産素材にこだわった真の感動料理「ポプラ」

 もう一品は「エビと村上チーズのサラダ仕立て」です。使用するチーズは2種類を贅沢に使ったもので、プリプリのエビ、酢漬けの野菜とともにいただきます。すべての素材が合わさって口の中で絶妙なハーモニーを奏でます。

 一通り素材の味を楽しんだらビビンバのように混ぜていただくのがオススメ。これはこれで別の味わいを楽しめます。せたな町にある村上牧場のチーズを使用し、素材の味がしっかりしていながらぶつかり合わないのが特徴です。素材本来の味を楽しめます。

 地産地消を推奨しており、他にも様々な道産食材を使った料理を提供しています。どの料理も味わってみたくなるほど、感動させてくれるお店です。是非一度その素晴らしさを体験してみてください。

リポーター取材後記

厳選道産素材にこだわった真の感動料理「ポプラ」  今日いただいたのは「チキンオムカレー」と「エビと村上チーズのサラダ仕立て」でした。この2品どちらも素材にこだわったものです。「チキンオムカレー」は、イコロランというノーザンノーサンの卵を使用していて、白身にちゃんとした味があります。今日はオーナーに無理言って目玉焼きを食べさせてもらいましたが、普通の卵とは違いました。村上牧場のチーズも、素材の味がぶつかりあわないです。今度はこのチーズ、ワインと一緒に食べてみたいです。

リポート映像



協力:ワインとごはんのお店ポプラ/リポーター:石黒亜実/企画・制作:PNG Office/BGM:ROBIN・ASOBEAT・TAM

店舗情報


大きな地図で見る

店舗名ワインとごはんのお店ポプラ
所在地北海道札幌市中央区南七条西16丁目1-1 ヴィヴァン716
アクセス札幌市電、西線6条駅から徒歩約3分
電話番号011-562‐1167
営業日・時間日曜・祝日定休、ランチ11:30~15:00、ディナー17:00~
メニュー パスタ、シチュー、グラタン、オムライスなど主に洋食メニュー
駐車場なし 
ホームページ 

AirBookmark

筆者について

編集部

編集部

北海道ファンマガジン編集部。編集部スタッフが取材執筆した記事や、名前を出さないライターの記事、寄稿記事の掲載の際にもこのアカウントが使われます。