学ぶ

北海道で花見するにはいつがいい? 桜前線事情&お花見事情

編集部
Written by 編集部

北海道で花見するにはいつがいい? 桜前線事情&お花見事情

北海道で花見するにはいつがいい? 桜前線事情&お花見事情  北海道は日本で一番最後に桜が咲く、桜前線ゴール地です。開花宣言が出されると、3~4日で満開を迎えます。本州南部に行くほど、開花宣言から満開まで時間が長くかかりますが、北海道では、3~4日で満開になることが多いようです。花見は、開花宣言後約1週間の間に見に行くのがオススメです。早く行かないと散り始めてしまいます。

 まず最初に桜開花のニュースが届くのは道南です。松前町や函館市からまず桜が開花します。時期としては松前町の4月末から函館市の5月はじめ。その後北上し、ゴールデンウィークごろには札幌市を中心とする道央で桜が次々と開花を迎えます。4月中は基本的に函館あたりだけと思えばいいです。

 道東では、帯広市を中心とする十勝の平野部の一部で、道央と同じころに開花します。上川、留萌北部、宗谷、釧路、根室は少し遅れての開花になります。日本の桜前線のゴール地は、5月中旬以降に開花を迎える根室市です。通常、日本最北の稚内市ではありません。

 平地では、根室市本土最東端の納沙布岬に2007年に植樹された25本のチシマザクラが、日本一遅い桜の開花です。根室標本木よりも東に位置するため、5月末に開花します。しかし、山岳地帯を入れると最も遅いのは根室ではありません。日本全国を駆け巡る桜前線の終焉は、北海道の中央部に位置する大雪山系黒岳(チシマザクラ)で、だいたい6月はじめまでに開花を迎えます。

 北海道の標本木についても触れておきましょう。道内では、エゾヤマザクラを標本木とする観測地がほとんどです。根室市では全国唯一、チシマザクラを標本木としています。それ以外の函館市、江差町、室蘭市、倶知安町、札幌市ではソメイヨシノが標本木です。

北海道の桜の名所といえば松前城!!

北海道で花見するにはいつがいい? 桜前線事情&お花見事情  北海道で桜といえば、まず、松前城を取り囲むように咲き誇るさくら。道南らしさを醸し出す桜の名所です(道南ではほかに、函館市の五稜郭も人気があります)。

 道内最南端の松前町。市街地の丘の上にある福山城のまわりの松前公園には1万本もの桜が美しく咲き誇ります。北海道ではなかなかお目にかかれない内地の風景がそこにはあります。なんたって北海道で城があるのはここだけ!

 北海道最南端だから北海道でもっとも早く咲き始めます。しかも早咲きから遅咲きまで勢ぞろいだから、長期間楽しめます。旬は4月下旬(ほぼ5月)~5月いっぱいまで。なんと250種ものさくらがあります。

日本一の桜並木名所が北海道に!

 次に名所といえば、新ひだか町の二十間道路桜並木。直線道路7~8kmも延々と続く桜並木は圧巻です。実は日本でも有数の桜並木名所で、桜の名所百選や日本の道百選、新日本街路樹100景、北海道遺産にも選ばれている名所なのです。

 3千本余りの桜、そのほとんどがエゾヤマザクラです。その他カスミザクラ、ミヤマザクラもあります。とうぜん自然にではなく植栽されたのですが、それは1916年から3年間のことだったようです。

 はじまりは1872年。当時、北海道開拓使長官だった黒田清隆が、静内~新冠一帯に広い馬牧場をつくったのがはじまりでした(現在の家畜改良センター新冠牧場)。いつしか宮内庁所有になり、1903年には皇族用の大通りが建設されることになったわけです。今の二十間道路です。

 名前の由来は道路の幅が二十間つまり36mというところからつけられているようですが、それが8kmも続く、しかも直線。他に見ることは出来ない規模・美しさなんです。5月中旬頃が旬。

 同じような桜並木は、同じく日高管内浦河町にもあり、「西舎桜並木」と呼ばれています。こちらは3km。

地元じゃ有名!!な桜名所!!

 今のは北海道内の名所でしたが、道内それだけじゃ終わらない!地元民に親しまれている桜名所があるんです。

 札幌では「円山公園」や「旭山記念公園」が身近です。胆振地方だと、登別市中登別の花のトンネルや、伊達市善光寺も有名です。南空知では美唄市にある「東明公園」、北空知では奈井江の「にわ山森林自然公園」が桜の名所。厚田村の「戸田記念墓地公園」は、ソメイヨシノを見れる北限の地として有名です。

 旭川では「旭山公園」、士別では「九十九山」、日本最北端稚内市では「稚内森林公園」に行けば納得の桜名所があります。根室市の清隆寺は最も遅い開花の名所です。

北海道の花見にはジンギスカンをお忘れなく!

 春といえば花見です。満開のさくらの木の下で花見をするのが日本国民の春恒例の楽しみのひとつです。でも北海道の花見で忘れちゃいけないのが、「ジンギスカン」です。花見といえばジンギスカンなのですから。

※花見には必ず用意していこう!!!ジンギスカン!!!

※2006年、当サイトではこの件に関してオリジナルのアンケート調査いたしました。詳しくはアンケート第10弾花見とジンギスカンアンケート結果をご覧ください。

筆者について

編集部

編集部

北海道ファンマガジン編集部。編集部スタッフが取材執筆した記事や、名前を出さないライターの記事、寄稿記事の掲載の際にもこのアカウントが使われます。